久々にマンダリンオリエンタル台北のフレンチレストランへ。 オープンした当初は、ランチに予約一か月待ちとまで言われていました。が、お客さんはほとんどいません。窓際の個室風席に3組?手前の個室風席に1組。 とても寂しいレストランに変わっていました・・。たまたま ... 続きを読む
久々にマンダリンオリエンタル台北のフレンチレストランへ。 オープンした当初は、ランチに予約一か月待ちとまで言われていました。

IMGP0187
が、お客さんはほとんどいません。窓際の個室風席に3組?手前の個室風席に1組。 とても寂しいレストランに変わっていました・・。たまたまだったのか?ディナーはもともと空いているのか?は謎です。



IMGP0214
このレストランは、高級感もあるし、雰囲気も良く素敵なのですが、その割に、お値段もリーズナブルで、カジュアルに利用できます。 アジア料理も用意されていて、昨日はカレーをいただきました。



IMGP0212
一応タイカレーなのですが、鴨、ライチが入っていました。 しかし、こんなラグジュアリーな空間でカレーを食べるって。もちろん他にもいただきましたが、それはまた本ブログの方で。



IMGP0242
そして、いつの間にか名前も変わっていました。 COCOから、カフェ アン ドゥ トロワに。COCOの方が、覚えやすくて好きだったな。

でもこれで、いつでも予約が取れるということが分かったのでよかったです。


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行


以前、本ブログでもご紹介しましたが、台湾の秋の味覚といえば・・・デビルマンそっくりなルックスをしている、菱角です。街中の屋台に、ピーナッツなどと共に菱形が現れると「もう秋なのね」と思います。いや、実際はまだ30度越えという暑さなのですが、、、、日本語ではヒ ... 続きを読む
以前、本ブログでもご紹介しましたが、台湾の秋の味覚といえば・・・

4a34d4d3
デビルマンそっくりなルックスをしている、菱角です。街中の屋台に、ピーナッツなどと共に菱形が現れると「もう秋なのね」と思います。いや、実際はまだ30度越えという暑さなのですが、、、、



b3f0d8f7
日本語ではヒシの実というそうですが、これがまた美味しい!のです:)  栗や豆系のものがお好きな方は、この手の食べ物がお好きだと思います。



79d64312
見た目にインパクトありすぎですよね。屋台で売っているのを見ても、知らなければ絶対に挑戦しないタイプの食べ物だと思います。



f8a8e8ff
デビルマンの中身はハート形♥ このギャップも素敵なのです。  お味は、甘くも塩っけもコクもなく、淡白なのですが、少しお塩をかけていただくとお酒のおつまみに〇。 栗のような落花生のような枝豆のような、でも確実にそれらとは違います。  食感は、茹で方・蒸し方によってかわり、レンコンのように、堅くてシャキシャキとしているときもあれば、栗のように、ほくほくしている時もあります。それは買う場所によってかわりました。

50%がでん粉とのことで、けっこうお腹にたまります。バクバク食べ過ぎると危険です。(他の美味しい台湾フードが食べられなくなっては困りますね~!)  

価格は、半斤(台湾は1斤600g。よって300g)80元くらい。 「50元くらいほしいです」と伝えると、その分計ってくれると思います。  日持ちしそうなのに、全然日持ちしません。確か冷蔵庫に入れておいて、翌日に食べようとしたらすでに風味が変わっていました^^;

12月くらいまで売っていると思いますが、今が旬ですので、近々台湾にいらっしゃる方はお試しになってみてください。

台湾の宜蘭と言えば、、、金柑、ネギ、牛舌餅(牛の下のような形をした大きくて薄いクッキー)など、名物はたくさんあるのですが、その中でもランキングベスト3位入りするであろう必食メニューと言えば、こちら 阿宗芋冰城のアイスクリーム。台湾人にとっては、懐かしい味の ... 続きを読む
IMGP0522
台湾の宜蘭と言えば、、、金柑、ネギ、牛舌餅(牛の下のような形をした大きくて薄いクッキー)など、名物はたくさんあるのですが、その中でもランキングベスト3位入りするであろう必食メニューと言えば、こちら 阿宗芋冰城のアイスクリーム。台湾人にとっては、懐かしい味のするアイスクリームだそう。  ミルクたっぷり、、ではなく、さらっとしたシャーベット的な感覚でいただけるので、甘いものが苦手な方でも食べやすいですね。  



FullSizeRender
お味は全部で6種類。左から、タロイモ、小豆、パイナップル、ピーナッツ、次は日本語が分からない、もち米。3スクープで40元(約130円)と破格。



IMGP0523
昔の台湾では、こういった自転車に乗ったおじさんが各地域を廻って、アイスクリームを売っていたそうです。「バブバブ」という音の合図で、子供たちが5元(16円)を握りしめておじさんの元へ走る。 アイスクリームが入ったケースの隣には、ゲームが設置されていて、5元を払っておじさんとこのゲームで勝負をするそうです。もし自分が買ったら、アイスクリームを二つゲットすることができ、もし負けてしまったら、アイスクリームは無し。

5元あれば、普通に1つを購入できます。でも、その5元で、勝負をして、もし買ったら2つアイスをゲットできます。もちろん負けたらアイスクリームは無しなのですが、賭け事好きな台湾人の性格ですから、きっと勝負する人が多かったのでは、と思います。  友人に聞いてみたところ、女性の場合は、普通に5元で購入する。男性の場合は、勝負する人がほとんどだったみたいです。

おじさんは毎日ゲームをしているので、もちろん強かったそうなのですが、それでも、勝負に挑む子供たちは素敵♥


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行


台湾にいるときは、私にとって日常なので、基本的に台北から出ません。というか、わりとよく仕事をしていて、おうちから出ないこともしばしば。 ですから台湾の国内旅行はそう多くはありません。でも台湾にも台湾人に人気のリゾートはたくさんあり、ラグジュアリーとはかけ ... 続きを読む
台湾にいるときは、私にとって日常なので、基本的に台北から出ません。というか、わりとよく仕事をしていて、おうちから出ないこともしばしば。 ですから台湾の国内旅行はそう多くはありません。でも台湾にも台湾人に人気のリゾートはたくさんあり、ラグジュアリーとはかけ離れているのですが、ほのぼのとして癒される、、そんな場所もあります。少しずつ、そういった場所もご紹介できればと思います。

IMGP0512
今週は、毒抜きをするために(サロンのメンバーさんはご存知の通り、あの毒です^^;)、宜蘭エリアを代表する温泉地である礁渓に行ってきました。滞在したのは、ホテル ロイヤル チャオ シー(礁溪老爺大酒店)という台北にあるロイヤル台北の姉妹ホテル。とても人気があるので、週末の予約は直近ではほとんど取れません。



IMGP0429
まるで日本の旅館! 海外で畳の上にお布団を敷いていただくのは、とっても嬉しいです。



IMGP0431
お部屋からの見晴らしもよく、大自然を満喫しました。



IMGP0507 (2)
朝食・夕食込みとなっているのですが、レストランも二つあり、ビュッフェorコースと選択可能です。お浸しやお味噌汁があるのも癒される・・・。

車で一時間、電車でも台北から1時間の場所にあり、駅周辺には、足湯スポット、レストラン、お土産屋さんが並んでいるので、週末は多くの台湾人が日帰りで遊びに来ている人気のスポットです。


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行


民宿先進県といわれているほど、民宿が溢れているイーラン。台北から車で1時間で到着するので、日帰りで遊びに行けるスポットとしても人気です。え・・?東京ホテル。え・・・?山口ホテル。 大自然の中にある温泉。台北から一時間以内で行ける温泉スポットがたくさんある ... 続きを読む
民宿先進県といわれているほど、民宿が溢れているイーラン。台北から車で1時間で到着するので、日帰りで遊びに行けるスポットとしても人気です。

IMGP0423
え・・?東京ホテル。



IMGP0425
え・・・?山口ホテル。 



IMGP0463
大自然の中にある温泉。台北から一時間以内で行ける温泉スポットがたくさんある台湾はとても贅沢に感じます。



IMGP0468
これは、オモシロイ!   ’’いろいろな昆虫たちが遊びに来ることもあります。大自然を近くに感じてください。’’と丁寧な日本語訳の後の「嘘(うそ)」。。。  丁寧に注意書きを書いておいて「嘘」って。。 え?何が起こった?と思ったのですが、この「嘘」は、中国語だと「し~、静かに」の意味なんですね。

「うっそ~ん」と言われた感じがして、「上手ね、そのジョーク」と思っていたのですが、私の早とちりでした。


ちょっとした贈り物をしたいときは、マンダリンオリエンタル台北のギフトショップへ。このギフトショップは、とにかく紙袋やお箱がカラフルで可愛い!シックで上品な東京とはまた違って、元気いっぱいのパステルカラーです。 ん~、真っ赤×ピンクの箱が可愛い! 紙袋も可 ... 続きを読む
IMGP0409
ちょっとした贈り物をしたいときは、マンダリンオリエンタル台北のギフトショップへ。このギフトショップは、とにかく紙袋やお箱がカラフルで可愛い!シックで上品な東京とはまた違って、元気いっぱいのパステルカラーです。
 


89ed8d42-s
ん~、真っ赤×ピンクの箱が可愛い! 紙袋も可愛い!



603693bc-s
私はギフトショップと言っていますが、正式にはケーキショップ。ここは、ちょっとしたカフェ(→マンダリンオリエンタルのケーキショップでシャンパン×マカロン)も併用しているのですが、以前こちらでシャンパンをオーダーした時に、マカロンをサービスしてくださったのです。 マカロンお好きな方には喜ばれます。あとはチョコレート、ケーキも充実しています。 パンもハード系があり、ここのハード系パンは裏切らない美味しさ。



IMGP0410
何度も書いていますが、ここのピンクグアバジャムは、台湾のお土産として一押しです。世界のマンダリンオリエンタルでもここ、台湾だけで購入できるジャムです。

以前、書いた時より、100元価格が上がっていますね。




あれは、2年くらい前、お友達何人かでお食事をしていたときのこと。  あれこれ話しているときに、「好きな男性のタイプ」の話題になりました。あまり「ガールズトーク」的な話が得意ではないのですが、「あなたはどう?」と振られてしまって、私が回答する番に。以前も書き ... 続きを読む
あれは、2年くらい前、お友達何人かでお食事をしていたときのこと。  あれこれ話しているときに、「好きな男性のタイプ」の話題になりました。あまり「ガールズトーク」的な話が得意ではないのですが、「あなたはどう?」と振られてしまって、私が回答する番に。

以前も書きましたが、苦手な男性のタイプ(→ご縁のない男性)はあるのですが、「好きな男性のタイプ」って全くなかったんです。 でも’’何か言わなくちゃ~’’と考えていた時、後ろから「にゃ~」という声が聞こえてきました。

私:「あ、ネコ」
友人:「え?何?」
私:「ネコ、ネコがいる!」
友人:「ネコ?」
私:「そうそう、私、ネコがとても好きなの」

友人一同:「へっ?????(゚∇゚ ;)」

みんなの顔が、一瞬凍りつきました。 そして、ちょっと苦笑いをされたので、私は「せっかく、ガールズトークで盛り上がっているときに、話を脱線してしまったからだ。どうしよう」と思っていました。

ところが。。。。。これまた、私の中国語の発音違いでして^^;   全く意味不明なことを言ってしまっていたのです。

中国語で、ネコのことをmao1(マオ)と言うのですが、このマオの発音は第一声で発音しなければならないのですが、私は、同じ「マオ」と呼ぶ、’’毛’’の中国語の第三声のmao3で言ってしまったよう。よって、さっきの会話は、

友人:「あなたの好きなタイプは?」   と聞かれた後、ネコの声がしたので、その質問はおいておいて、ネコがいるということをみんなに伝えたかったのですが、

私:「あ、毛」
友人:「え?何?」
私:「毛!毛がある!」
友人:「毛?」
私:「そうそう、私、毛がとても好きなの」

こんな会話になっていたようです。。。  
「好きな男性のタイプ」→「毛深い人」 って一瞬思われたみたい。 それは確かに反応に困りますよね。

P1101288
ネコと言えば!ネコカフェの発祥は台湾なのですが、その元祖のお店、「小猫花園」のネコ。 たくさんの種類のネコちゃんがいて可愛いのですが、人に馴れすぎていて、ネコっぽく、普通に動かず撮影させてくれるのです。まるでモデル。      



P1101295
P1101297
P1101299
1998年創業、世界最初のネコカフェということで、海外からのお客様も多いみたいです。



お友達が「わたし、タトラ―に載ったの」ということで、雑誌をいただきました。 イギリスで創刊された富裕層向けの雑誌のタトラー。世界中にあるマガジンですが、そういえばなぜ日本版はないのでしょう。アジアですと、タトラ―台湾の他、タイ、シンガ ... 続きを読む
お友達が「わたし、タトラ―に載ったの」ということで、雑誌をいただきました。

イギリスで創刊された富裕層向けの雑誌のタトラー。世界中にあるマガジンですが、そういえばなぜ日本版はないのでしょう。アジアですと、タトラ―台湾の他、タイ、シンガポール、インドネシア版などなど・・・  



忠考敦化の誠品書店。 「隅っこに座っていて、お行儀良いですね。」と思ってしまった私は、すっかり台湾に馴染んでしまっているのだと思います。 床に座って、本を読んでもOKという本屋さんに驚いていた頃が懐かしい(^ω^)



東京でよく伺う和食屋さんに行くと、いつもマコモタケをいただきます。一本250円くらいだったかな。炭火焼なのですが、一本をオーダーしても、半分にカットされた状態で提供されるので、実際は二分の一本。というわけで、考えてみたら一本500円の計算になる。先日、お友達か ... 続きを読む
東京でよく伺う和食屋さんに行くと、いつもマコモタケをいただきます。一本250円くらいだったかな。炭火焼なのですが、一本をオーダーしても、半分にカットされた状態で提供されるので、実際は二分の一本。というわけで、考えてみたら一本500円の計算になる。

先日、お友達から、マコモタケをいただきました。実家で採れたものだそう。しかも8本もいただいてしまって超嬉しい!(え?4000円!?と計算しちゃったじゃないの。笑)  あまりに喜んでいたものですから、「もっと持ってくるよ~」って(●´ω`●)

台湾では、マコモタケ(茭白筍)はとてもポピュラーなお野菜。ですからレストランや食堂でよくいただきます。採れたばかりのものは、生でいただくこともありますが、やっぱり炒め物に利用されることが多いかな。私は、そのまま焼いたシンプルなものが好きです。

IMG_1250
マコモダケと皮蛋のフライ。ほくほくしてとても美味しい。



IMG_1458
実は初めて知ったのですが・・・こんな感じで売っていました。(ここでは5.6本入って70元でした。やすっ・・・!(*´ェ`*))  そしてこの後、スーパーに行ってみましたが、やはり売っていました。今まで気づきませんでした。

日本よりお得だったり、日本では珍しいもので、台湾滞在中に食べておかねば、と思うものは、まずはフルーツ!だと思いますが、もしキッチン付きのホテルにご滞在される方はフルーツと一緒にマコモダケも是非^^


********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 Travel  My Word Vol.7''は、南ドイツの高級温泉保養地、Baden-Baden に2014年にオープンしたヴィラ・スティファニーをご紹介しています

☆講談社 日本初の“世界の絶景”マガジンが創刊「週刊 奇跡の絶景 Miracle Planet」 
Ciel@奇跡の絶景

*********************

夏のような暑さが戻った台北。とはいえ、先週はお天気の悪い日が多かったので、晴れの日が続くと嬉しいです。昨日は大好きな淡水へ。LA VILLA DAN SHUI(ラ・ヴィラ淡水)。  (゚∇゚ ;)エッ!?  タンスイなのにアンスイになっているし。「D」はどこへいった? 淡水の美しい ... 続きを読む
夏のような暑さが戻った台北。とはいえ、先週はお天気の悪い日が多かったので、晴れの日が続くと嬉しいです。

IMGP7105
昨日は大好きな淡水へ。



IMGP7106
LA VILLA DAN SHUI(ラ・ヴィラ淡水)。  (゚∇゚ ;)エッ!?  タンスイなのにアンスイになっているし。「D」はどこへいった? 



IMGP7115
淡水の美しい夕日が眺められるレストラン。



IMGP7117
MRTの淡水駅からはちょっと距離があるので、タクシー利用(とはいっても淡水駅から150元くらい)が必要ですが、眺めもよくなかなかコジャレているので、旅行者にもおすすめです。(有名スポットなので、すでにご存じの方も多いかもしれませんが)



IMGP7109
予約をしないでふらっと立ち寄ったので、テラス席にはいけません。テラス席は人気ですから要予約です。あ、ビールが私。 グラスでのワイン提供はもちろんありません。(ボトルではあります)  カフェというより、欧州料理がいただけるレストランです。お味はまあ、。。。。。   それにしてもいつも揚げ物があるね。



IMGP7116
淡水大好きです。



********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 Travel  My Word Vol.7''は、南ドイツの高級温泉保養地、Baden-Baden に2014年にオープンしたヴィラ・スティファニーをご紹介しています

☆講談社 日本初の“世界の絶景”マガジンが創刊「週刊 奇跡の絶景 Miracle Planet」 
Ciel@奇跡の絶景

*********************



このブログを始めて2週間が経過しました。 アクセス解析を見てみてびっくり!左:月に一度の世界スパ&ホテル巡り  右:にーはお!たいわん Ciel的台灣生活誌   このブログを訪れてくださる方の約90%が、スマートフォンからの閲覧でした。まだ立ち上げたばかりで ... 続きを読む
このブログを始めて2週間が経過しました。 アクセス解析を見てみてびっくり!

IMG_1387
左:月に一度の世界スパ&ホテル巡り  右:にーはお!たいわん Ciel的台灣生活誌   このブログを訪れてくださる方の約90%が、スマートフォンからの閲覧でした。まだ立ち上げたばかりで検索流入が少ないので、訪れてくださっている方は、本ブログをご覧になり、こちらにもご訪問してくださっている方がほとんどなのだと思います。

アメブロでブログを書いていた3年くらい前までは、確かPCとスマフォの閲覧率は半々くらいだったように思います。最後の方は見ていなかったので、直近はどうだったのかはわかりませんが。

私はブログをPCで書いてしまうのですが、この「にーはお!たいわん」のブログの方では、スマフォでアップしてみようかなと思いました。スマフォでアップしたほうが、スマフォで見ている方への見た目が綺麗に仕上がるんですよね。   その方が、思い立った時にすぐに更新できるので、長続きしそうです。


********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 Travel  My Word Vol.7''は、南ドイツの高級温泉保養地、Baden-Baden に2014年にオープンしたヴィラ・スティファニーをご紹介しています

☆講談社 日本初の“世界の絶景”マガジンが創刊「週刊 奇跡の絶景 Miracle Planet」 
Ciel@奇跡の絶景

*********************





ここ2年くらいでしょうか。台湾で「盆栽スイーツ」というものが流行っています。盆栽ティラミスや盆栽ケーキなどのスイーツだったり、盆栽珈琲、盆栽奶茶(ミルクティー)などのドリンクだったり、様々です。「盆栽」とつくだけあり、基本的には、見た目がまるで盆栽のよう ... 続きを読む
ここ2年くらいでしょうか。台湾で「盆栽スイーツ」というものが流行っています。盆栽ティラミスや盆栽ケーキなどのスイーツだったり、盆栽珈琲、盆栽奶茶(ミルクティー)などのドリンクだったり、様々です。「盆栽」とつくだけあり、基本的には、見た目がまるで盆栽のよう・・・。というわけで、FB大好き台湾人がこぞってアップしているので、よく見かけていましたし、実際にカフェに入ってもメニューに「盆栽〇〇」が存在していたり、、
一つのお店で流行すると、瞬く間に他のお店も提供し始めるので、「え?こんな老舗菓子店まで盆栽シリーズが始まったの?」と驚かされます。(*例えば、創業100年のお菓子屋さんが、流行を追って、新作メニューとして「盆栽〇〇」の提供を始めるんです。こういうことって、日本ではあまりないことですよね)

14199556_1354140247947740_6001193483566898081_n
一番有名なのは、溫古咖啡 Wengu cafeというお店。こちらが盆栽珈琲の発祥と言われています。(お写真はお店のFBより)



IMG_1438
昨日、次の予定まで30分時間があったので、お茶をしようと「小樽手作珈琲」というカフェに入りました。台北駅Qスクエアの地下三階に入っています。このカフェ自体も人気だったのか?満席でした。(というか、多分お買い物ついでに立ち寄る方が多いのだと思う)   盆栽シリーズを発見。どうせ美味しくない私の口には合わないだろうと思っていたので、今まで頼んだことはなかったのですが、喉も乾いていなかったので、頼んでみることに。



IMG_1437
これが噂の盆栽ドリンク。ミルクティーの上に、生クリームが入って、その上に砕いたオレオ?(なのか分かりませんが、チョコクッキー)がぎっしりかかっています。 中央にはミントの葉っぱ。

ストローをさしていただくのですが、ストローの中に、砕いたクッキーが入ってきて、これは食べ物なのか?飲み物なのか・・・?よくわかりませんでした。  次はないかな。
ティラミスとかアイスでしたら、よさそうですね。   このカフェにあった、人気メニューのポップコーンパンケーキも見た目が激しかったので、トライしてみたいですね。

台湾で人気のタピオカミルクティーパンケーキ
台湾で人気のスイカパン
台湾で人気の実験室カフェ

台湾人のあれこれ


前に一度アップしたはずなのですが、下書きに入っていました。なぜ? というわけで再投稿です。台湾に美女は多い。特にメイクなどしていない原石系美女が多いと思います。香港やシンガポールにはいないのに(あ、失礼)、どうして台湾は多いのでしょう?  あとは、脚が綺 ... 続きを読む
前に一度アップしたはずなのですが、下書きに入っていました。なぜ? というわけで再投稿です。

台湾に美女は多い。特にメイクなどしていない原石系美女が多いと思います。香港やシンガポールにはいないのに(あ、失礼)、どうして台湾は多いのでしょう?  あとは、脚が綺麗な方が多い!です。まっすぐスラッと一直線に伸びた脚。本当に羨ましくて、見つけたらつい、ついていってしまいたくなるのだ。

一方、台湾にイケメンが少ないです。ん~、本当にいないんですよ。なぜ??美女が多いのに、美男子がいない。  芸能人にはハンサムな人もいるみたいなんですけどね。確かに一度だけ台湾ドラマを見たことがあるのですが、その主人公は綺麗な顔立ちをしていました。台湾生活5年間で出合った美女数知れず、イケメンはたった一人という現実。 

191ef4ef
そのイケメンに出合ったのは、あきさんが台湾に遊びにきてくださったときのこと。Cha Cha Thé 采采食茶文化でお茶をしました。(Cha Cha Theは素敵なお茶屋さん。雰囲気はこんな感じ)  帰りにお会計をしようとレジに向かうと

「え・・・?イケメン」   

意外すぎて、あきさんと思わず目と目をあわせてしまいましたよ。一瞬、呼吸を置いて、
あきさん: 「この彼、イケメンよね?」
私: 「ですよねですよね。(←興奮気味) イケメン過ぎません?」
あきさん: 「ホントホント!」
私: 「でも私イケメンに興味ないんですよね」
あきさん: 「ほんと~。どうでもいい」

という会話が繰り広げられ、’’ははは~’’なんて笑っていたら、なんとそのイケメン、日本語がバリバリ理解できる方だったという(@_@) 台湾では日本語が分かる方が多いので注意しましょう。 良いことを話しているときは問題ないんですけどネ^^

話を戻します。それで、美女はいるけれど、イケメンがいない。その理由が暮らしていて徐々に分かってきたんです。イケメンと言っても様々なタイプがありますよね。正統派の美形、男らしいワイルド系、甘いマスクなどなど。、日本には(に限らずですが)、決してイケメンではないのだけれど、いわゆる雰囲気がカッコいい!とか、オーラがあるとか、、そういう人が多いんですよね。オシャレな人、仕事できそう、ちょっと色気があるとか。  一方、台湾は・・・? これが、いないのです。 いや、私が出合う機会がなく、きっとどこかにいるのかもしれないけれど、日本より少ないことは確かです。

ファッション&身だしなみを気にされない男性が多いので、そこが問題なのかもしれません。アジアのイタリア人なのに。(←しつこい。 でも多分このブログではあと100回くらい出てくる予定です)  非常にもったいないです。

そして、ファッション&身だしなみを気にしない理由もなんとなくわかります。女性がそれを求めていないのだと思います。 正直、自分を磨く(お洒落さんとか身だしなみを整えている男性)よりも私を磨いて!という感じなのだと思います。 そんなことを気にしている時間があれば、彼女に尽くす時間に充てたいし、自分自身にお金をかけるよりも彼女に使ってあげたい。そんな男性が多いのかなと思いました。 基本的に尽くしてくれる=良い彼氏であり、自分がお買い物、というより女性側のお買い物に付き合ってあげる人がほとんどなんですよ。自分より彼女が綺麗になったら嬉しいし、彼女が満足することをしてあげることが優先。  だから、ここでは雰囲気イケメンが育たない。

という勝手な分析でした。  私は、元々男性のルックスを気にしない人で、むしろブランド物が好きな男性や女性と同じくらい身だしなみやファッションを気にするような男性は苦手なので、雰囲気イケメンが多かろうが少なかろうが、あまり関係がないんですけどね。  

*もちろん全ての台湾人がそうではありませんのでご了承ください。そして福原愛さんのご主人様は、確かに美形だと思います!


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

昨日は、台北でいま話題のレストランの一つであるMumeへ。Mumeのオーナーシェフは、「世界のベスト・レストラン50」の常連で一位も獲得しているコペンハーゲンの「noma」で働いた経験のあるRichie Lin。 ここの店内の雰囲気がとっても好き。ライティン ... 続きを読む
昨日は、台北でいま話題のレストランの一つであるMumeへ。Mumeのオーナーシェフは、「世界のベスト・レストラン50」の常連で一位も獲得しているコペンハーゲンの「noma」で働いた経験のあるRichie Lin。

ここの店内の雰囲気がとっても好き。ライティングも美しく、居心地抜群。



見た目も美しくて、雰囲気も良いので女性好みだと思います。

ここはパンが美味しいのも魅力のひとつ。  台北一の人気店と言っても過言ではない!?RAWに比べると予約は取りやすいですが、それでも週末や直近はなかなか難しいみたいです。

サービスはまあまあでしょうか。でも台湾ではあまりサービスを期待していないのでもう何も思わなくなりました^^;  また本ブログに詳細書きます。といって、どんどん書くことが溜まっていくんですよね。

こういったモダンなレストランがどんどん増えてくれたら嬉しいな。

先日、Wホテル台北のプレスツアーで立ち寄ったアロフト台北。(→Wホテルのカジュアル版 アロフト台北で朝食を)バータイムが素敵ということで、早速今日行ってみました。ちなみに入口はこんな感じ。ガラス張りのレセプションで、たったの8畳くらい?ととても小さいです ... 続きを読む
先日、Wホテル台北のプレスツアーで立ち寄ったアロフト台北。(→Wホテルのカジュアル版 アロフト台北で朝食を)バータイムが素敵ということで、早速今日行ってみました。

IMGP0072
ちなみに入口はこんな感じ。ガラス張りのレセプションで、たったの8畳くらい?ととても小さいです。W台北のカジュアル版だからといって、Wをイメージされて来てはいけません。あくまでも普通のビジネスホテルです。



IMGP0107
でもバーは確かに良かった^^ 昨年のクリスマスにオープンしたばかりなので、綺麗ですし、音楽も落ち着いているし、人も少なくてゆっくりできました。なかなかコジャレています。 もうすぐ最上階にプールもできるそうです。

これはゆっくりご紹介したいので、改めて本ブログに書きたいと思います。 今日はガールズ(ガールじゃないですが)トークがたくさんできて楽しかった。   


台湾にはベトナム人が多く住んでいるので、日本に比べてベトナム料理店をたくさん見かけます。桃園駅の駅裏は、ベトナム料理店が並び、まるでベトナム人街!   台北市内にもベトナム料理店がちょこちょこあり、昨日は、忠孝新生駅3番出口目の前の翠林越南餐廳に行きました ... 続きを読む
台湾にはベトナム人が多く住んでいるので、日本に比べてベトナム料理店をたくさん見かけます。桃園駅の駅裏は、ベトナム料理店が並び、まるでベトナム人街!   台北市内にもベトナム料理店がちょこちょこあり、昨日は、忠孝新生駅3番出口目の前の翠林越南餐廳に行きました。駅近くなのは便利です。

すごいヘルシーでした。 ・・・と書いておきながら、お写真に撮ったものは全然ヘルシーに見えませんね^^; ベトナム料理と言っても、タイ料理などもミックスされていました。  特に美味しかったのはパパイヤサラダとベトナム風魚のスープ。スープは辛味がない酸味が強いものですが、なかなかのものでした。便利な場所にあるのに、とてもリーズナブルでお得感があります。全メニュー写真入りなのも分かりやすくて嬉しいです。

話は変わりますが、口癖ではないのですが、私はよく「可愛い」と言います。可愛いものを見たり、可愛い人を見たりするときはもちろんなのですが、可愛い動作や行動をされるときについ言ってしまうことが多いです。自分が可愛くないので、女の子っぽい行動をされるとすぐに「可愛い」と言ってしまうようです。もちろん本気で思っているときしか言いませんが。社交辞令言わないので。

それで、昨日一緒にご飯を食べた友人に「可愛い~」という言葉を使う機会がけっこうありました。(友人は男性です)    いや、顔は全然可愛くないんですけどね。行動や表情が可愛いんですよ。     台湾では(というか中華圏?中国語では)「可愛い」は男性に対して言う言葉ではない、と、住み始めたときに説明されました。 確かに、日本でもそんなに頻繁に男性に対して使うものではないですが、それでも、日本ではけっこう言いますよね?え、私だけかな。皆さんいかがでしょうか。。

以前、それ(女性が男性に対して可愛いということ)は日本語ではけっこう’’オイシイポジション’’よ。と、その友人に説明したことがあった(←また真実ではない日本の習慣を教えてしまった)からか、私が’’可愛い’’というたびに照れていました。その姿も可愛くて、また可愛い連発してしまった・・・。 いや、ホントに可愛い。

その一部始終を見ていた店員さんに「何がおかしいの?」と聞かれて、そのノリで「いや、彼が可愛くて(他好可愛)」といったら「いいえ、彼はカッコイイだよ(不是、他好帥)」と言われました。私が外国人なので、「かっこいい」と言おうとしたのを「可愛い」と間違えて言ったと思ったのでしょう。

やっぱり男性に可愛いという言葉は使わないんだなと思ったのでした。

ちなみに、店員さんに「彼はカッコイイよ」という言葉に、「いや、別にカッコよくはないけど」と吹き出してしまったら、「そうそう」・・・「オイっ!」と自虐ネタで対応してくれる優しい友人でした。

ほのぼの台湾生活。
 

昨日は、客家料理をいただきに客家小館へ。閑静な住宅街に佇む、台湾人に人気のレストラン。少し不便な場所にあるので、観光客はあまりいないようです。店内はモダンでスタイリッシュ。暗めのライティングで雰囲気も良く、デートにも利用できそう?しかし店内は大家族でいっ ... 続きを読む
昨日は、客家料理をいただきに客家小館へ。閑静な住宅街に佇む、台湾人に人気のレストラン。少し不便な場所にあるので、観光客はあまりいないようです。店内はモダンでスタイリッシュ。暗めのライティングで雰囲気も良く、デートにも利用できそう?しかし店内は大家族でいっぱいでした。

IMG_1285
店内に入ってすぐにアペタイザーが用意されています。小皿でちょこちょこいただけます。



IMG_1287
このチキンだけは前日に予約が必要です。予約するだけあって、とっても美味しかったです。



IMG_1288
お醤油の横にあるのは、金柑ソース。はじめ卵の黄身かな?と思いましたが・・・。  このソースをチキンにつけていただくのですが、この酸味がチキンとあうのです。



IMG_1286
いただいたものはこんな感じ。ピンクグレープ×海老の炒め物、マコモ×皮蛋のフライなど日本ではいただけないようなユニークなメニュー。   伝統的な客家料理は、塩辛い濃い味付けのお料理が多く、実はあまり得意ではないのだけれど、ここはオシャレだし、モノを選べばソルティーではないと思います。このチキンはとても美味しかった♡

客家料理といえば、桐花客家私房料理も美味しいデス。→過去ブログこちら  台湾料理・中華料理と言えども、地方によって全然違うよね~なんて言ったら、「日本の方が全然違う」と言われた。。。確かに!


客家小館
新北市永和區智光街22號
02-2948-3358


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

リッチなクッキーよりも素朴なビスケットが好き。というわけで、昔から好きなお菓子は、イトウ製菓 かーさんケット。子供のころ、大好きでした。大好きすぎて、一袋を一度に食べてしまって、晩御飯食べられなくて、、、お母さんごめんなさい。  懐かしいです。今でも気軽に ... 続きを読む
リッチなクッキーよりも素朴なビスケットが好き。というわけで、昔から好きなお菓子は、イトウ製菓 かーさんケット。
_SL1500_

子供のころ、大好きでした。大好きすぎて、一袋を一度に食べてしまって、晩御飯食べられなくて、、、お母さんごめんなさい。  懐かしいです。今でも気軽に買えるのかな?



IMG_1303
そんなビスケット好きな私が美味しいと思う台湾のお菓子「孔雀餅乾」。台湾では超有名な国民的お菓子で、台湾人は、子供の時からよく食べている定番のお菓子だそうです。多分、台湾人はみんな知っているはず!? 食感は、ビスケットというより日本の日清シスコのココナッツサブレに近いふわふわ&ほろほろで、柔らかいので溶けてしまう感じ。お味はビスケット的な素朴さがあります。でも上記の「かーさんケット」やマリーのビスケットよりもややオイリーです。



IMG_1306
これ、美味しすぎて辛い(●´ω`●)のですが、有り難いのが、一袋60gで小サイズなんです。上の「かーさんケット」なんて、170gも入っているので、袋を開けたら全部食べてしまうような私にとっては、この小袋はとても嬉しいのです。

台湾のスーパーでしたら、全聯福利中心でも頂好でも家楽福でもどこにでも売っているので、是非食べてみてください。お値段一つ16元(約50円)というかわいい価格(*´ェ`*) ついつい食べ過ぎてしまう罪なお菓子なのです。

☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行


お肉よりお魚派ではありますが、お肉も好きです。お肉の中で一番好きなのは、鴨と羊なのですが、台湾では、日本に比べると、一般的に鴨も羊も食べる機会が多いです。例えば、もし毎日鴨や羊が食べたい!と思えば、それが可能だと思います。(いや、それは日本でも可能だと思 ... 続きを読む
お肉よりお魚派ではありますが、お肉も好きです。お肉の中で一番好きなのは、鴨と羊なのですが、台湾では、日本に比べると、一般的に鴨も羊も食べる機会が多いです。例えば、もし毎日鴨や羊が食べたい!と思えば、それが可能だと思います。(いや、それは日本でも可能だと思うのですが、気軽にその辺にある、という意味です)

IMG_0606
先日伺った「阿里不達太監羊」という羊専門店のお店は、超!美味しかったです。MRTですと後山碑駅辺りで、旅行者が行くようなエリアではないのですが、羊肉がお好きな方は、わざわざ食べに行く価値があると思います。
上のメニュー、香滷拼盤(いろいろなホルモンの部位の盛り合わせ)、鮮涮羊肉爐(お鍋)が特に美味しかったです。クリアな羊のお鍋ってあまりいただいたことがなかったので感激しました。 →詳細は、台湾人のこの方のブログが参考になるかも。

そう、そこで知った事実。 この日は私よりもずっと年上の5人のメンバーでお食事をしたのですが、彼女たちは、「日本からきたレストランを全て’’高級’’だと思っていた」そうです。 白木屋、ワタミなど・・・。  一般的に、日本=高品質なので、日本から台湾に出店しているレストランは全て良いイメージがあるんですね。 

台湾人はアジアのイタリア人(*ルックス除く) →詳細こちら。 イタリア人男性を知らないので何とも言えませんが、台湾人男性はほ~んとうに優しいですしレディファーストです。優しさだけでいったら、日本人の100倍といっても過言ではないでしょう。でも、天邪鬼な私に言 ... 続きを読む
台湾人はアジアのイタリア人(*ルックス除く) →詳細こちら。 イタリア人男性を知らないので何とも言えませんが、台湾人男性はほ~んとうに優しいですしレディファーストです。優しさだけでいったら、日本人の100倍といっても過言ではないでしょう。でも、天邪鬼な私に言わせていただくと、その優しさは本当に必要かね?と思うことも多々ありますが。笑

日本人男性は、台湾人男性に比べると、男気が強いですし、あまり「見える」&「分かりやすい」表立った優しさを出すことは少ないと思います。あとは、口に出して「愛している」とか「綺麗だよ」とか表現することもそう多くはないので、女性にとったら少し不満に思うこともあるかもしれません。
台湾人男性は、女性をお姫様のように扱い、さらに表現もストレートなので言葉での好きアピールがとても強いです。(*結婚すると変わるらしいです。笑 これは万国共通な気がしますが)

長い間、日本に彼氏がいたので、台湾人男性とお食事に行くとしても大勢とばかりで、二人きりということはそう多くはないのですが、それでも何度かそういう機会はあって、その度に「あ~、台湾人男性とはお付き合いできないな」と思っていました。その理由は大きく2つあります。

私は、男性のルックスの好みが全くありません。だから第一印象とか全くなくて、誰と会ってもみ~んな同じ感じ。ときめいたことってありません。ですから、お付き合いする男性は、いつもタイプが違います。でも、ずっと気づかなかったのですが、私にとって男性の「声」は重要みたいです。つまり、声フェチというのでしょうか。 だからといって、今までお付き合いした男性の声が素敵だったか?といえば、それは謎なのですが、でもきっと男らしい声や話し方に異性としての魅力を感じたような、、そんな気がするのです。

その1  私が日本人ということもありますし、仕事で出合う男性と言えば、日本語ができる男性が多いです。最近こそ、中国語での会話が理解できるようになっていますが、当初は全くチンプンカンプンでしたから、私と仲良くなる人と言えば、日本語ができる男性になります。  となるとコミュニケーションは日本語です。中国語の時は、低くカッコいい声で話す男性も(そう聞こえるんです)、日本語になると、その四声の第一声(イメージは、電話で相手が先に切った場合の「プップップッ~」という電子音のような感じ。まっすぐで高い音)だけで話しているような感じになるので、中国語で話しているときよりもどうしても「声が高く」なってしまいます。ですから、「男らしさ」を感じず、女性と一緒にいるような、そんな感覚になってしまうのです。ただでさえ、私が男らしいので、なんだか相手が女性のように可愛く思えて、守ってあげたくなってしまうような。   ですからどんなに素敵な言葉を並べられても、異性として意識することができなく、やっぱり私にとって声は大切だったのだ、と思いました。それでは、英語だったらどうか?ということなんですが、それはまたの機会に書きます。

その2  基本的には、お酒を飲まない文化なので、「ご飯食べに行こう」=全力でご飯だけを食べることになります。「え?ノンアルコールなのかい」  何度そう思ったことか。。。 一般的に、台湾人は美味しい物への追及心は、とてつもなくあるのですが、そこに雰囲気とかはあまり必要ないという感じなのかな。もちろん、私も彼氏とご飯を食べに行くときは、それこそB級グルメも行くし、おうちでまったり食べるのも大好きですが、初デートでノンアルコールって、多分20歳越えてから無い。。。 自分がお酒が好きなので、外食時はお酒マストであってほしい。

よく台湾人男性との恋愛について聞かれることがあるのですが、なかなか恋愛に発展したい理由はこんなところでした。
(もちろん、台湾人と言って一括りにしていますが、色々な方がいらっしゃいますので、全ての方がこうではありませんのでご了承ください。)

IMGP8542
一人でワイナリー巡りをした、というと、まず理解されません。一人で旅行に行く女性も少ないので、「え~~すご~い」と言われることが多々。。 こんなに近い国で、親日家で日本のことを一番理解していそうなのに、文化・習慣が違うことがたくさんあってほぼ毎日びっくりしています。