台湾にはベトナム人が多く住んでいるので、日本に比べてベトナム料理店をたくさん見かけます。桃園駅の駅裏は、ベトナム料理店が並び、まるでベトナム人街!   台北市内にもベトナム料理店がちょこちょこあり、昨日は、忠孝新生駅3番出口目の前の翠林越南餐廳に行きました ... 続きを読む
台湾にはベトナム人が多く住んでいるので、日本に比べてベトナム料理店をたくさん見かけます。桃園駅の駅裏は、ベトナム料理店が並び、まるでベトナム人街!   台北市内にもベトナム料理店がちょこちょこあり、昨日は、忠孝新生駅3番出口目の前の翠林越南餐廳に行きました。駅近くなのは便利です。

すごいヘルシーでした。 ・・・と書いておきながら、お写真に撮ったものは全然ヘルシーに見えませんね^^; ベトナム料理と言っても、タイ料理などもミックスされていました。  特に美味しかったのはパパイヤサラダとベトナム風魚のスープ。スープは辛味がない酸味が強いものですが、なかなかのものでした。便利な場所にあるのに、とてもリーズナブルでお得感があります。全メニュー写真入りなのも分かりやすくて嬉しいです。

話は変わりますが、口癖ではないのですが、私はよく「可愛い」と言います。可愛いものを見たり、可愛い人を見たりするときはもちろんなのですが、可愛い動作や行動をされるときについ言ってしまうことが多いです。自分が可愛くないので、女の子っぽい行動をされるとすぐに「可愛い」と言ってしまうようです。もちろん本気で思っているときしか言いませんが。社交辞令言わないので。

それで、昨日一緒にご飯を食べた友人に「可愛い~」という言葉を使う機会がけっこうありました。(友人は男性です)    いや、顔は全然可愛くないんですけどね。行動や表情が可愛いんですよ。     台湾では(というか中華圏?中国語では)「可愛い」は男性に対して言う言葉ではない、と、住み始めたときに説明されました。 確かに、日本でもそんなに頻繁に男性に対して使うものではないですが、それでも、日本ではけっこう言いますよね?え、私だけかな。皆さんいかがでしょうか。。

以前、それ(女性が男性に対して可愛いということ)は日本語ではけっこう’’オイシイポジション’’よ。と、その友人に説明したことがあった(←また真実ではない日本の習慣を教えてしまった)からか、私が’’可愛い’’というたびに照れていました。その姿も可愛くて、また可愛い連発してしまった・・・。 いや、ホントに可愛い。

その一部始終を見ていた店員さんに「何がおかしいの?」と聞かれて、そのノリで「いや、彼が可愛くて(他好可愛)」といったら「いいえ、彼はカッコイイだよ(不是、他好帥)」と言われました。私が外国人なので、「かっこいい」と言おうとしたのを「可愛い」と間違えて言ったと思ったのでしょう。

やっぱり男性に可愛いという言葉は使わないんだなと思ったのでした。

ちなみに、店員さんに「彼はカッコイイよ」という言葉に、「いや、別にカッコよくはないけど」と吹き出してしまったら、「そうそう」・・・「オイっ!」と自虐ネタで対応してくれる優しい友人でした。

ほのぼの台湾生活。
 

昨日は、客家料理をいただきに客家小館へ。閑静な住宅街に佇む、台湾人に人気のレストラン。少し不便な場所にあるので、観光客はあまりいないようです。店内はモダンでスタイリッシュ。暗めのライティングで雰囲気も良く、デートにも利用できそう?しかし店内は大家族でいっ ... 続きを読む
昨日は、客家料理をいただきに客家小館へ。閑静な住宅街に佇む、台湾人に人気のレストラン。少し不便な場所にあるので、観光客はあまりいないようです。店内はモダンでスタイリッシュ。暗めのライティングで雰囲気も良く、デートにも利用できそう?しかし店内は大家族でいっぱいでした。

IMG_1285
店内に入ってすぐにアペタイザーが用意されています。小皿でちょこちょこいただけます。



IMG_1287
このチキンだけは前日に予約が必要です。予約するだけあって、とっても美味しかったです。



IMG_1288
お醤油の横にあるのは、金柑ソース。はじめ卵の黄身かな?と思いましたが・・・。  このソースをチキンにつけていただくのですが、この酸味がチキンとあうのです。



IMG_1286
いただいたものはこんな感じ。ピンクグレープ×海老の炒め物、マコモ×皮蛋のフライなど日本ではいただけないようなユニークなメニュー。   伝統的な客家料理は、塩辛い濃い味付けのお料理が多く、実はあまり得意ではないのだけれど、ここはオシャレだし、モノを選べばソルティーではないと思います。このチキンはとても美味しかった♡

客家料理といえば、桐花客家私房料理も美味しいデス。→過去ブログこちら  台湾料理・中華料理と言えども、地方によって全然違うよね~なんて言ったら、「日本の方が全然違う」と言われた。。。確かに!


客家小館
新北市永和區智光街22號
02-2948-3358


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

リッチなクッキーよりも素朴なビスケットが好き。というわけで、昔から好きなお菓子は、イトウ製菓 かーさんケット。子供のころ、大好きでした。大好きすぎて、一袋を一度に食べてしまって、晩御飯食べられなくて、、、お母さんごめんなさい。  懐かしいです。今でも気軽に ... 続きを読む
リッチなクッキーよりも素朴なビスケットが好き。というわけで、昔から好きなお菓子は、イトウ製菓 かーさんケット。
_SL1500_

子供のころ、大好きでした。大好きすぎて、一袋を一度に食べてしまって、晩御飯食べられなくて、、、お母さんごめんなさい。  懐かしいです。今でも気軽に買えるのかな?



IMG_1303
そんなビスケット好きな私が美味しいと思う台湾のお菓子「孔雀餅乾」。台湾では超有名な国民的お菓子で、台湾人は、子供の時からよく食べている定番のお菓子だそうです。多分、台湾人はみんな知っているはず!? 食感は、ビスケットというより日本の日清シスコのココナッツサブレに近いふわふわ&ほろほろで、柔らかいので溶けてしまう感じ。お味はビスケット的な素朴さがあります。でも上記の「かーさんケット」やマリーのビスケットよりもややオイリーです。



IMG_1306
これ、美味しすぎて辛い(●´ω`●)のですが、有り難いのが、一袋60gで小サイズなんです。上の「かーさんケット」なんて、170gも入っているので、袋を開けたら全部食べてしまうような私にとっては、この小袋はとても嬉しいのです。

台湾のスーパーでしたら、全聯福利中心でも頂好でも家楽福でもどこにでも売っているので、是非食べてみてください。お値段一つ16元(約50円)というかわいい価格(*´ェ`*) ついつい食べ過ぎてしまう罪なお菓子なのです。

☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行


お肉よりお魚派ではありますが、お肉も好きです。お肉の中で一番好きなのは、鴨と羊なのですが、台湾では、日本に比べると、一般的に鴨も羊も食べる機会が多いです。例えば、もし毎日鴨や羊が食べたい!と思えば、それが可能だと思います。(いや、それは日本でも可能だと思 ... 続きを読む
お肉よりお魚派ではありますが、お肉も好きです。お肉の中で一番好きなのは、鴨と羊なのですが、台湾では、日本に比べると、一般的に鴨も羊も食べる機会が多いです。例えば、もし毎日鴨や羊が食べたい!と思えば、それが可能だと思います。(いや、それは日本でも可能だと思うのですが、気軽にその辺にある、という意味です)

IMG_0606
先日伺った「阿里不達太監羊」という羊専門店のお店は、超!美味しかったです。MRTですと後山碑駅辺りで、旅行者が行くようなエリアではないのですが、羊肉がお好きな方は、わざわざ食べに行く価値があると思います。
上のメニュー、香滷拼盤(いろいろなホルモンの部位の盛り合わせ)、鮮涮羊肉爐(お鍋)が特に美味しかったです。クリアな羊のお鍋ってあまりいただいたことがなかったので感激しました。 →詳細は、台湾人のこの方のブログが参考になるかも。

そう、そこで知った事実。 この日は私よりもずっと年上の5人のメンバーでお食事をしたのですが、彼女たちは、「日本からきたレストランを全て’’高級’’だと思っていた」そうです。 白木屋、ワタミなど・・・。  一般的に、日本=高品質なので、日本から台湾に出店しているレストランは全て良いイメージがあるんですね。 

台湾人はアジアのイタリア人(*ルックス除く) →詳細こちら。 イタリア人男性を知らないので何とも言えませんが、台湾人男性はほ~んとうに優しいですしレディファーストです。優しさだけでいったら、日本人の100倍といっても過言ではないでしょう。でも、天邪鬼な私に言 ... 続きを読む
台湾人はアジアのイタリア人(*ルックス除く) →詳細こちら。 イタリア人男性を知らないので何とも言えませんが、台湾人男性はほ~んとうに優しいですしレディファーストです。優しさだけでいったら、日本人の100倍といっても過言ではないでしょう。でも、天邪鬼な私に言わせていただくと、その優しさは本当に必要かね?と思うことも多々ありますが。笑

日本人男性は、台湾人男性に比べると、男気が強いですし、あまり「見える」&「分かりやすい」表立った優しさを出すことは少ないと思います。あとは、口に出して「愛している」とか「綺麗だよ」とか表現することもそう多くはないので、女性にとったら少し不満に思うこともあるかもしれません。
台湾人男性は、女性をお姫様のように扱い、さらに表現もストレートなので言葉での好きアピールがとても強いです。(*結婚すると変わるらしいです。笑 これは万国共通な気がしますが)

長い間、日本に彼氏がいたので、台湾人男性とお食事に行くとしても大勢とばかりで、二人きりということはそう多くはないのですが、それでも何度かそういう機会はあって、その度に「あ~、台湾人男性とはお付き合いできないな」と思っていました。その理由は大きく2つあります。

私は、男性のルックスの好みが全くありません。だから第一印象とか全くなくて、誰と会ってもみ~んな同じ感じ。ときめいたことってありません。ですから、お付き合いする男性は、いつもタイプが違います。でも、ずっと気づかなかったのですが、私にとって男性の「声」は重要みたいです。つまり、声フェチというのでしょうか。 だからといって、今までお付き合いした男性の声が素敵だったか?といえば、それは謎なのですが、でもきっと男らしい声や話し方に異性としての魅力を感じたような、、そんな気がするのです。

その1  私が日本人ということもありますし、仕事で出合う男性と言えば、日本語ができる男性が多いです。最近こそ、中国語での会話が理解できるようになっていますが、当初は全くチンプンカンプンでしたから、私と仲良くなる人と言えば、日本語ができる男性になります。  となるとコミュニケーションは日本語です。中国語の時は、低くカッコいい声で話す男性も(そう聞こえるんです)、日本語になると、その四声の第一声(イメージは、電話で相手が先に切った場合の「プップップッ~」という電子音のような感じ。まっすぐで高い音)だけで話しているような感じになるので、中国語で話しているときよりもどうしても「声が高く」なってしまいます。ですから、「男らしさ」を感じず、女性と一緒にいるような、そんな感覚になってしまうのです。ただでさえ、私が男らしいので、なんだか相手が女性のように可愛く思えて、守ってあげたくなってしまうような。   ですからどんなに素敵な言葉を並べられても、異性として意識することができなく、やっぱり私にとって声は大切だったのだ、と思いました。それでは、英語だったらどうか?ということなんですが、それはまたの機会に書きます。

その2  基本的には、お酒を飲まない文化なので、「ご飯食べに行こう」=全力でご飯だけを食べることになります。「え?ノンアルコールなのかい」  何度そう思ったことか。。。 一般的に、台湾人は美味しい物への追及心は、とてつもなくあるのですが、そこに雰囲気とかはあまり必要ないという感じなのかな。もちろん、私も彼氏とご飯を食べに行くときは、それこそB級グルメも行くし、おうちでまったり食べるのも大好きですが、初デートでノンアルコールって、多分20歳越えてから無い。。。 自分がお酒が好きなので、外食時はお酒マストであってほしい。

よく台湾人男性との恋愛について聞かれることがあるのですが、なかなか恋愛に発展したい理由はこんなところでした。
(もちろん、台湾人と言って一括りにしていますが、色々な方がいらっしゃいますので、全ての方がこうではありませんのでご了承ください。)

IMGP8542
一人でワイナリー巡りをした、というと、まず理解されません。一人で旅行に行く女性も少ないので、「え~~すご~い」と言われることが多々。。 こんなに近い国で、親日家で日本のことを一番理解していそうなのに、文化・習慣が違うことがたくさんあってほぼ毎日びっくりしています。  

雨の台北。普通に寒い(´・_・`) さて、台湾風懐石料理がいただける新都里へ。 過去訪問記はこちら。雰囲気は抜群に良いです。台北の三井のような感じですが、こちらはあまり混んでいないので、ゆっくりできます。個室の暗さと言ったら、、!これは逃げ場がありません(=^x^ ... 続きを読む
雨の台北。普通に寒い(´・_・`)

さて、台湾風懐石料理がいただける新都里へ。 過去訪問記はこちら
写真%203
雰囲気は抜群に良いです。台北の三井のような感じですが、こちらはあまり混んでいないので、ゆっくりできます。



写真%204
個室の暗さと言ったら、、!これは逃げ場がありません(=^x^=)



写真%201
台湾風にアレンジされた懐石料理です。 台湾の食材を使っていて、日本ではいただけない創作料理が出てくるので、台湾リピーターで中華料理に飽きた方にはよいと思います。 店内には、竹林などもあり、外国人が好みそうな、ジャパニーズレストランといった内装です。



写真%202
写真%205
器も綺麗で、ちょこちょこたくさんの種類がいただけるので、呑兵衛にはたまりません。  グアバのお漬物や、パッションフルーツで付けた大根のお漬物など、いかにも台湾という食材が出てくるのでユニークです。

台北に戻りました。 マンションのテラスで、住民のおばあちゃんたちが、夜お茶?をしていたのですが、その前を通ったら「これからカラオケ行くけどあなたもおいでよ~」と言われました。なんせ裸の付き合いをしているので、とっても仲がいいんです。みんな気さくに声をかけ ... 続きを読む
IMGP0069
台北に戻りました。 マンションのテラスで、住民のおばあちゃんたちが、夜お茶?をしていたのですが、その前を通ったら「これからカラオケ行くけどあなたもおいでよ~」と言われました。なんせ裸の付き合いをしているので、とっても仲がいいんです。みんな気さくに声をかけてくださるので嬉しいです。 時々、早朝ダンスに誘われます(●´ω`●)
  
そういえば、日本は今日から三連休なのですね。台湾も10月10日は国慶日で祝日なので、3連休です。あまり関係ないと言えば関係ないですが、でも祝日って響きがいい。もちろん、マンションのラウンジでもパーティーがあります。 行事を大切にしている台湾人は、年中「〇〇の日」と称して、みんなで集まっては、「〇〇」をいただくといったイベントがあります。

たとえば、中秋節といえば、みんなでバーベキューをいただく、元宵節では、湯圓(スープ)をみんなでいただきます。 家族や親戚との繋がりが本当に強いので、そこはちょっとうらやましいです。

台湾滞在の期間が長いと、耳は慣れるので中国語で会話ができていても、一か月くらい海外に行き、台湾に戻ってタクシーに乗ろうものなら、会話が通じないことが多々あります。というのは、私は語学能力がないので、少しでも油断をすると、中国語の音の上げ下げである四声(声 ... 続きを読む
台湾滞在の期間が長いと、耳は慣れるので中国語で会話ができていても、一か月くらい海外に行き、台湾に戻ってタクシーに乗ろうものなら、会話が通じないことが多々あります。というのは、私は語学能力がないので、少しでも油断をすると、中国語の音の上げ下げである四声(声調)がめちゃめちゃになってしまうのです。

例えば、自分的には「永康街(ヨンカンジエ)yŏngkāngjiē」と’’3・1・1’’の発音をしているつもりなのに、相手には、ただ日本語のカタカナの棒読みの「ヨンカンジエ」の発音に聞こえているようで(つまりトーンがない状態)、運転手さんに「は?」っと返されます。この「はっ?」というお返事が非常に冷たくてですね。。日本語の「はっ?」と同じ発音で返されるのです。日本で相手に対して「はっ?」て返されるときって、「何なの?」・・・みたいな感じでちょっと小馬鹿にしているという印象を受けますよね。ですから、「はっ?」と言われると、怒られているようで、ショボン(´・ω・`)としてしまいます。 
全力で気合いを入れて会話をするとよいのですが、台湾に帰ってくると、気が抜けるというか安心するというか、まるで我が国にいるような気分になるので、そのリラックスした気持ちのまま言葉を発するので、四声がはっきりできていないんです。  そうすると、相手にはまったく通じないので、「はっ?」と言われてしまいます。 よって、その「はっ?」というお返事で一気に目が覚めます。これが現実なのね、と。

ちなみに実際は、その「はっ?」という返答は、日本語でいう「えっ?何?もう一回言って」みたいな感覚なのだそうです。ですから、怒っているわけでも馬鹿にされているわけでもないのですが、そうは分かっていてもねぇ(´・ω・`)

中国語の発音で失敗したことは数知れず。「あなたすご~い!」と言おうとして、「あなた太ってる!」と言ってしまったとかね。(bàngとpàng の違いです。)
「質問していいですか?」と言おうとして「キスしてください」と言ってしまったとかね。(カタカナで表すと同じなんですよ)    どれだけ肉食なんだよって感じですけど。 友達に言ってしまったのはいいんですけど、「質問していいですか?」という文章は、だいたい初対面の方にいうことが多いので、困りものです。   

57ba0448-s
レストランで「ちょっと質問です。これ何ですか?」と聞くことが多いのですが、その「ちょっと質問です」の時に「キスしてください」といってしまう自分。  


*この画像は、超美味しい点心です。お店レポートはこちら

☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

あまり台湾と関係ないのですが、こちらのブログで日々の記録として書き留めたいと思います。本ブログの方には、時々書いていたけれど、とっても信用している先生がいます。調布にある相澤皮膚科の相澤先生です。学生時代からお世話になっているのでもう10年以上。 →私の神 ... 続きを読む
あまり台湾と関係ないのですが、こちらのブログで日々の記録として書き留めたいと思います。

本ブログ
の方には、時々書いていたけれど、とっても信用している先生がいます。調布にある相澤皮膚科の相澤先生です。学生時代からお世話になっているのでもう10年以上。 →私の神様 相澤先生

元々お肌だけはなぜか繊細で(ええ、他のところは全然ですけどね)、すぐに肌が荒れてしまう敏感肌なのですが、海外に行くようになって、さらにひどくなった気がします。原因はたくさんあるのだけれど、まず機内、時差、空気やお水などの環境の変化、、、それだけでもお肌にとってダメージが大きいのに、それにストレスが加わると一気にどばーと吹き出物がでたり、湿疹が出たりします。

もうね、食事とか睡眠とかスキンケアとかいくら気を付けても無理なんです。出るものは出る(´・ω・`)体質だから仕方ない、と開き直っているのですが、そうはいっても顔に出たときは、とてもブルーで外出したくないし、凹みます。精神的に落ち込んでしまう唯一のことが肌トラブルなのです。 仕事の失敗とか人間関係とか(あ、人間関係の悩みはあまりないですが)、そういったことのトラブルなら一日落ち込んで、でも寝たら忘れてしまうんですけど、お肌だけは寝ても治らないので、ずっと落ち込みます。

台湾に住み始めてもお肌のトラブルは多々あって、その度に早く日本に帰って、相澤先生のところに行かねば、と思います。お薬の効果が一番ですが、それより精神的効果が大きい気がします。「先生に診ていただいたら安心」みたいなところがあるのだと思います。

それで今回もまた酷~い肌荒れがおきまして、サンフランシスコから台北に戻ってすぐに日本に帰りました。相変わらず3秒、顔を見ていただいただけでご判断されていましたが。。 でもしっかり自分の言いたいことと、質問事項をまとめていたので、1分くらいは先生と会話できたと思います!

IMG_1226
いつも「ひどくなった時のための予備薬」をいただいているのですが、今回は以前と少し変わりました。今回よっぽど酷かったのだな~と。 「ちょっと強いお薬出しますね。大丈夫ですよ。これを飲めば10日以内にはよくなるでしょう」  ということで、信じて飲んだ結果、5日後にはあれ?というほどよくなったので、お薬をやめて様子を見たところ、今10日目ですが、「吹き出物はどこへ?」というくらいまで回復しました。 神すぎる・・。



IMG_1227
普段、毎日飲むように出されている漢方です。これはTゾーンに出ている時に処方されました。顎周りに出ているときはまた別の漢方になります。どうしたらたった3秒間でその判断がつくものか、、、いつもながらあっぱれです。



IMG_1225
塗り薬がこちら。Kローションは細かいプツプツに効果的、イベルメクチンは新薬で赤みの強い吹き出物&痕に効果があるそうです。  が、この2つのお薬に関しては、私のお肌にあまり効果が現れないようです。  「夕」と書かれたこの緑クリームは、目に見えてわかるくらい効果的で、特に大きな炎症を起こした吹き出物にてきめん。翌日に消える場合もあって、手放せないお薬です。

相澤先生は、ホルモンによるニキビ治療の第一人者で、この業界ではとてもとても有名な方なので、肌荒れに悩む方はすでにご存じの方も多いと思いますが、今まで皮膚トラブルが全くない方も、今後何かの拍子に突然!起こることもあるかもしれないので、その時は是非相澤先生を思い出していただけたら良いと思いました。

今回、顔中にぶわ~っと吹き出物が出て、それはもう辛かったのですが、今は何事もなかったように消えてしまいました。自分でもびっくりしています。

もちろん、私がそのお薬に合う体質だったということもありますし、原因が明確だった、ということもありますが、お肌のトラブルって、女性にとって本当につらいことだと思います。ですから、もし今後、お肌にトラブルが起き、何かしらネットで調べていくうちに、このブログに辿りつかれた方には是非、自分の免疫力を信じてほしいと思いました。皮膚トラブルはいつか必ず治ることなので。

「大丈夫です」って言ってくれる人がいると、精神的に落ち着きます。絶対に治る、と分かっていても、自分一人だと、気持ちがなかなか前向きになれないこともあります。

話は変わって、台湾に住み始めて、皮膚トラブルが多くなったという日本人がけっこういらっしゃるみたいです。台湾に限らず、海外に住み始めるとお水や空気が違うので当たり前のことかもしれませんが、湿度が高いからといって、お肌に良いわけではないんですね・・・。ドライより全然良いと思っていましたが、湿度が高ければ高いで、日本にいたときにはなかったトラブルも発生するようです。

逆に日本に留学中の台湾人の友人は、「日本にきて、毛穴が全開になってごわごわする肌質になった」と嘆いていました。


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

台湾のお土産と言えば、パイナップルケーキ。一度台湾にいらっしゃった方は、「もうパイナップルケーキはいいわ^^;」という方も多そうですが、、、そうなんですよね、お土産コーナーに行くと、パイナップルケーキの嵐。そして試食攻めにあってしまうので、「もう見たくな ... 続きを読む
台湾のお土産と言えば、パイナップルケーキ。一度台湾にいらっしゃった方は、「もうパイナップルケーキはいいわ^^;」という方も多そうですが、、、そうなんですよね、お土産コーナーに行くと、パイナップルケーキの嵐。そして試食攻めにあってしまうので、「もう見たくない」という方までいらっしゃいます。

リピーターの方には、やはりヌガーが人気だと思います。その中でも有名な台湾2大ヌガー(←あ、これは勝手に言っています)について書きたいと思います。

IMGP9355
2大ヌガー。左がロイヤルニッコー台北ホテルのロイヤルベーカリー。右が台中出身の糖村で今や台湾全国にあります。今回は両方とも一番小サイズで比べてみます。



IMGP9358
一番小さなサイズは、両方共々250元(約800円)。左:ロイヤルニッコーが210gで15個、右:糖村が250gで19個。 私が台湾に初めて来たときよりどんどん価格が上がっています。それはヌガーに限ったことではありませんが、台北の物価、あがりすぎ。それもさりげなく上がっているの。



IMGP9357
左:ロイヤルニッコー マカデミアナッツが入っています。 右:糖村 アーモンドが入っています。 糖村は原型が分からないほど溶けています^^;そういうところ台湾らしいというか。。暑いから仕方がないことかもしれませんが、品質管理はしっかりしていません。そしてこういうことで文句を言う方もいないんですね。



IMGP9356
説明書入り。ロイヤルニッコーの方は日本語で書かれています。



IMGP9360
ショップカード。



IMGP9359
紙袋は断然糖村の勝ち。ロイヤルニッコーは、たくさん買うとしっかりした紙袋いただけますが、通常はこのビニール袋です。


お味の好みはとても分かれます。まず、一番の違いはアーモンドかマカデミアナッツか、だと思います。次いで、ヌガー自体の味、バランスなどを比べると思いますが、私自身は、糖村の方が好みです。糖村のヌガーは昔食べたことあるような、懐かしいミルクキャラメルのような味がします。マカデミアナッツの方は、ちょっとマカデミアナッツが多すぎなのと、ヌガー部分が少し甘みが強く感じます。でもロイヤルニッコーの方が好きという方も多いので好みの問題だと思います。

このベーシックな味の他にロイヤルニッコーは抹茶味、糖村は、コーヒー味とイチゴ味もあります。が、私はベーシックが一番好きです:)

そのまま食べるのではなく、冷凍庫に入れて固まったところを舐めながら柔らかくしていくのがおすすめです。

台湾のお土産スイーツにあまり興味がないですが、このヌガーだけは大好きです。 


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

お土産におすすめな台湾のシールたち。台湾の国旗。あとは、台湾テイストのセロハンテープ。というのか?紙テープ??台湾いいね!FB風。I love Taiwan. ほんと~台湾愛してるよん。こちらは少し派手。お店はこちら。金興發精品百貨館。台湾に何店舗かある雑貨屋さん?文 ... 続きを読む
お土産におすすめな台湾のシールたち。

IMGP9354
台湾の国旗。あとは、台湾テイストのセロハンテープ。というのか?紙テープ??



IMGP9352
台湾いいね!FB風。



IMGP9346
I love Taiwan. ほんと~台湾愛してるよん。



IMGP9353
こちらは少し派手。



IMGP9343
お店はこちら。金興發精品百貨館。台湾に何店舗かある雑貨屋さん?文房具屋さん?よくわからないカテゴリーのお店ですが、お菓子も生活雑貨もいろいろ揃っています。 旅行者に便利なのは、MRT中山の3番出口出てすぐにあるところ。1~3階まであります。特に台湾のお土産品が売っているわけではないですが、色々探せば台湾らしいものも見つかると思います。

この間、久々に行ったら「よんひゃく じゅう げん です」と日本語で返されました! 台湾らしいシールばっかり買っていたので、完全に日本人とバレた^^


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行


一日中朝食メニューがいただける、人気のカフェレストラン「サブリナハウス」へ。MRTでいうと民権西路駅と中山國小駅の間くらいにあります。(→過去訪問記)三階建てで、ソファー席もあったり、可愛らしいカフェです。ハムやサーモンではなく、ローストビーフのベネディクト ... 続きを読む
一日中朝食メニューがいただける、人気のカフェレストラン「サブリナハウス」へ。MRTでいうと民権西路駅と中山國小駅の間くらいにあります。(→過去訪問記

IMG_0936
三階建てで、ソファー席もあったり、可愛らしいカフェです。



IMG_0933
ハムやサーモンではなく、ローストビーフのベネディクト。朝から重いな。



IMG_0934
基本は洋食メニューですが、台湾風にアレンジされていて、ユニークなものもあるので、朝に台湾風洋食を召し上がってみたい方にはよいかも。  メニューを見て、是非突っ込んでみてください!



IMG_0932
お水にミニトマトが入っているんです。レモン、ライムは分かるのですが、なぜトマト?  トマトは台湾ではフルーツです。夜市では、リンゴ飴、いちご飴に混ざって、トマト飴も売っています^^


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

時々、台湾で病院に行くことがあります。ここ数年は、歯医者さん以外、日本で病院に行くことは少ないので、一番多くお世話になるのは台湾の病院になります。台湾では、街中のほとんどの病院(クリニック的なもの)は夜の診察があるのでとても便利です。結婚後はもちろん、子 ... 続きを読む
時々、台湾で病院に行くことがあります。ここ数年は、歯医者さん以外、日本で病院に行くことは少ないので、一番多くお世話になるのは台湾の病院になります。台湾では、街中のほとんどの病院(クリニック的なもの)は夜の診察があるのでとても便利です。結婚後はもちろん、子供を産んでも働いている女性がほとんどですから、夜の診察の需要が多いです。    午前、午後、夜と分かれていますが、夜の部の場合9時頃まで空いているので、思い立ったらいつでも行けるという感じ。(その分お医者さんは大変ですね。)

私は台湾の保険証を持っていないので(書けば理由は長くなるので省く)、100%自費となります。とはいっても一回500元(約1600円)。え・・・?日本で普通に保険証持っていくより安いって?  そうなんですよ、台湾の医療費、めちゃめちゃ安いです。しかもこの500元にお薬代も入っていますから! ちなみに、台湾人の場合は、一回150元(約500円)一律になっています。(もちろん保険証必要ですが)  しかももちろんお薬代も込みでこの金額です。

そう、それでクリニックに行くときは、だいたい大したことのない時。例えば、ちょっと喉が痛いからお薬が欲しい、涙が止まらない(実はゴミが入っていたらしい)、歯茎が少し腫れたから抗生物質が欲しいなど。自分でもよくわかっている症状だったりするので、お薬を処方してほしいという時に行く感じ。台湾の薬局のお薬は効かない。だから台湾人はよく日本に旅行をするとき、お薬を購入しますね。そういうわけで、クリニックに行って処方していただきます。  万が一何かあったら、日本でまた診ていただけばいい、思っているから、そこはちょっと安心できるところです。

でも先日、緊急のことがあって、大学病院に行ってきました。大きな病院だからよいというわけではないのですが、’’原因不明だったこと、出国前日で急ぎでみていただきたいこと、注射もしていただきたいこと、そしてかなり不安もあったので、一字一句逃さず専門用語も日本語で知りたかった(普段はだいたい中国語もしくは英語)’’ので、やはりここはすぐに対応してくださり、安心できる病院へ、と思い、ダイナーズにお世話になりました。 台湾以外では、海外保険にお世話になることもありましたが、台湾ではクリニックなどは自分で行けるし、金額もたいした額ではないので普段は連絡することはありません。 

というわけで、日本人から厚い信頼を得ている、台安醫院の特診をリクエスト。普段は、どの保険会社も、台湾では、だいたいこの病院に案内してくださるそうですが、ちょうど私がお願いをした日が必要な科の先生がいらっしゃらないということで、別の病院「馬偕記念病院」に案内していただきました。 こちらも台湾では有名な病院です。

予約時間ちょうどに訪れて、外国人専用受付へ。そこからはもう全て日本語で、アテンド、問診から始まって、診察の通訳、注射、検査、与薬など、とても混んでいるのに、さくさくっとスムーズに進みました。このVIP対応ぶりには驚きました。全部で一時間くらいだったと思います。先生も通訳の方も優しいし、とても詳しく説明してくださって本当に助かりました。  

面白かったのが採血と注射。診察を受けてから、まずは自分の注射のお薬を取りに行きます。それをもって、注射室に行き、整理券をとって、順番がきたら看護師さんに自分のお薬を渡す。この時、身分証明書を見せます。その後丸椅子に座って注射していただいて、次は採血へ。

採血室を訪れ、医師からいただいたバーコードをスキャンし、順番を待ちます。この時、普通にカウンターに椅子が5個くらい並んでいて、そこで採血をされるんです。え・・・・まるでバーテンダーとお客さん。カウンタバーかって感じでした^^;   私はベッドに寝た状態でないと採血ができない人なので(意外に怖がりです)、そのことをあらかじめお伝えすると、後ろのベッドに案内してくださいました。  採血は、これまでの人生で一番上手で、な~んの痛みも違和感も感じず。。今までの採血って何だったんだろうか。



ec3acc1a44666471_S2
この病院は、ドクター馬偕(Dr.Mackay)が淡水に作った台湾で初めての西洋医学による医療施設 「滬尾偕医館」を前身とする病院らしく、Dr.Mackayは、台湾における医療への貢献度は高く、台湾人にはとてもとても有名な方なのだそうです。(画像は台北ナビからお借りました。Dr.Mackayの特集はこちら

大学病院の場合は、台湾人保険証有でも診察は最低500元(約1600円)スタートだそうです。(基本のお薬代込み) このように特診を通したらスタートは1500元(約5000円)、そこにお薬、検査代などが上乗せされる感じです。   この時は全部で4000元(13,000円)くらいでしたが、結局、ダイナースクラブの海外保険適用で、キャッシュレスでしたので、本当に有り難いです。

それと、台湾の病院はお薬は3日分が基本です。超カラフルで日本に比べてお薬も強いです・・・。だからすぐに治るのですが(ええ、怖いくらいに)、副作用がちょっと心配。(あくまでもクリニックの話)  大学病院の場合は、裏に英語名が書かれているので、自分でお薬を調べられる分、少し安心します。

台湾の病院事情は、とっても面白いのでまた書きます。

台北でよく行くバーは、W台北、マンダリンオリエンタル、シャングリラホテルのバー。W台北は大勢でワイワイする時に、マンダリンオリエンタルは一人でしっぽり飲みたい時に、シャングリラは二人とか少人数で語りたい時に。カップル向きもシャングリラかな。あと日本からいら ... 続きを読む
台北でよく行くバーは、W台北、マンダリンオリエンタル、シャングリラホテルのバー。W台北は大勢でワイワイする時に、マンダリンオリエンタルは一人でしっぽり飲みたい時に、シャングリラは二人とか少人数で語りたい時に。カップル向きもシャングリラかな。あと日本からいらした方で、時間が無いからどれか一つ!と言われたらW台北をお勧めしています。理由は日本にはないから。 →W台北のバー →マンダリンオリエンタル台北のバー →シャングリラのバー

それで今日はマンダリンオリエンタルホテル。ここはエントランス。バーは違う入り口から入ります。紛らわしい。




ここは、一階のロビーラウンジ。美しいです。



珍しくカクテル。ハッピーアワーだったので、そのカクテルです。1杯オーダーするともう一杯無料でいただけます。



ハッピーアワーの内容はこちら☝。白、赤ワイン4種類ずつ。裏にはカクテルメニューもあります。水木の5時から9時です。ただでさえ、台北のMOバーは世界の中でもお安いのに、このハッピーアワーはお得すぎ。 



ラザニア。  ・・・は、特に美味しくはない。あれ?ここのイタリアン(→ベンコットのランチ)は美味しいのですが。油断していました。(台湾のパスタ系は期待していないので、当然オーダーもしない)   宿泊者はルームサービスもこちらで頼めます。スタッフのサービスはとてもよいです!




あっという間に終わったプレスツアー。今回も出合う台湾人みんなが優しくて、優しくて。本当に親切にしていただきました。 旅の移動中に’’これおすすめ~’’と買ってくださったドリンクやスイーツたちなのですが、やっぱり台湾で人気のものばかりでした☆ せっかくなの ... 続きを読む
あっという間に終わったプレスツアー。今回も出合う台湾人みんなが優しくて、優しくて。本当に親切にしていただきました。 旅の移動中に’’これおすすめ~’’と買ってくださったドリンクやスイーツたちなのですが、やっぱり台湾で人気のものばかりでした☆ せっかくなのでご紹介。

IMGP93171
まずは、こちら。脆皮鮮奶甜甜圈のドーナツ。これは有名なのでご存知の方も多いと思いますが、日本ではあまり見かけることのないタイプのドーナツ。(と書いておいて、最近の日本事情知らないので、あるかもしれませんが) 外がサクサク、中がふんわ~り。揚げパンみたいだけど、揚げパンみたいに重くはないです。 台湾人に大人気で、お土産に20個とか買って帰る方がちらほら。揚げたてが美味しいです。台北市内に3店舗あるので、是非お試しください。 一つ20元(70円)です。 普通に甘いものお好きな方には、そんなに甘くないらしく、すご~い美味しいといいます。個人的には、周りの粉砂糖無しバージョンならまた食べたい!と思う感じ。



IMGP9302
続いて、大好きな好丘のベーグル!私以外の皆さんが台北101に観光にいかれたのですが、お土産にこのベーグルをいただきました☆ 好丘の紙袋を渡された瞬間「もしかしてベーグルですか♥」と目をハートにして質問しちゃったわよ。   台湾のベーグルは、「これはベーグルじゃなくてパンだよ!」と思うことが多いですが、好丘のベーグルは、しっかりぎゅっと詰まったベーグルちゃんです。ここのベーグルは種類も豊富ですし、台湾ならではのフレーバーもあるので、ベーグルお好きな方は、最終日に是非ベーグル狩りされてみてください!



IMGP9363
そして、「空港までの車内で飲んでね」とお土産にくださった茶湯會の鉄観音ラテ。こちらのお店は、
「春水堂」系列のお店なのですが、同じタピオカミルクティーでも、ここの一押しは鉄観音で割ったミルクティーで、とても美味しいです。追加で小さいタピオカ(珍珠)も入れていただくとよいと思います。あと、ドリンクスタンドは、お砂糖や氷の量を調整できるのですが、タピオカを加えるとき、お砂糖は本当にちょっととお伝えしたほうが良いかもしれません。私は無糖にしています。ミルクの甘さですでに甘いのと、タピオカの汁が若干入るので、無糖でも少し甘めになります。タピオカミルクティーで一番おすすめは、こちらです。陳さん好きよ♥


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

セントレジス、Wホテル、ウエスティンなどを運営するスターウッドの10ブランドのひとつ「アロフト(Aloft Hotels)」が、昨年クリスマスに台北にオープンしました。アロフトは、世界16ヵ国で100軒のホテルを展開しているそうです。Wホテルの系列であり、Wホテルのカジュ ... 続きを読む
セントレジス、Wホテル、ウエスティンなどを運営するスターウッドの10ブランドのひとつ「アロフト(Aloft Hotels)」が、昨年クリスマスに台北にオープンしました。アロフトは、世界16ヵ国で100軒のホテルを展開しているそうです。
Wホテルの系列であり、Wホテルのカジュアル版で、SNSが好きな若い世代をターゲットにしているような感じ。現代的なデザインと先端テクノロジーを駆使したサービス、アプリで客室ドアを開閉できるキーレスなどもできるそうです。かなりお手頃な価格設定のホテルです。

IMGP9329
Wホテルとはまあ違いますが、それでもクールでちょっとクラブっぽくコジャレタ感じのレストランバー。朝食会場でもあります。



IMGP9333
素敵な夜景は見えませんが、一応、ルーフトップになっています。夜の雰囲気はなかなかよさそう。この周辺に、こういったホテルバーはないので旅行者にも良いかもしれません。



IMGP9318
朝食に大好きな担仔麺(タンツー麺)。台南名物のタンツー麺ですが、もう台南では食べたくない。。台南フードは本当に甘くて、外のレストランでは、最終日何も食べられませんでした。



IMGP9323
こちらのタンツー麺は甘くはなかったです。だからといって、超美味しいか?と聞かれると謎です。

今度は夜に行ってみたいです。バータイムには、Wホテル名物のモヒートがあり、種類も豊富に用意されているとのことでした。



☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行



10月になりました。10月、11月は台北のベストシーズンです。暑くもなく、寒くもなく、晴れの日も多い(はず)です。このシーズンにご旅行される方も多いと思いますので、台湾の治安と注意することについて書いてみます。基本的に、台湾の治安は良く、日本とあまり変わらない ... 続きを読む
10月になりました。10月、11月は台北のベストシーズンです。暑くもなく、寒くもなく、晴れの日も多い(はず)です。このシーズンにご旅行される方も多いと思いますので、台湾の治安と注意することについて書いてみます。

基本的に、台湾の治安は良く、日本とあまり変わらないと思っています。実際に、私自身、これまで台湾に暮らしていて危険な目にあったことはありません。もちろん、この土地では外国人ですから、 日本と同じような感覚になってはいけないのですが、他国から台湾に戻ってくると、緊張の糸が解けて安心しますし、日本から台湾に戻ってくるとこの国の緩さに癒されます^^

そんな安全だと思う台湾で、ただ、一つだけ注意しなければならないことがあります。それは女性一人で夜間にタクシーに乗ってはいけないということ。  私自身、今もなお、多くの台湾人に忠告されます。初めは、「ふ~ん」といった感じであまり重く受け止めず、時々タクシーを利用することもありました。その場合は、必ずホテルやレストランで呼んでいただいたタクシーを利用していたので、特に問題もなかったのですが、一度ちょっとどうかな?と思う出来事(こちら)があってから、夜間のタクシー利用は控えています。台湾人曰く、タクシーよりだったらMRTを利用したほうが安全・安心とのこと。台湾のMRTは日本と同じように終電も遅いです。とはいえ、お酒を飲まない文化なので、夜遅いMRTはひと気が少なく、それもそれで女性一人での旅行者は避けた方がいいかなと思います。  女性二人の場合は?ということなのですが、これは台北内に限っては大丈夫だと思います。田舎など、街灯やひと気のない場所はそれでも避けたほうが良いと思いますが。

f38851da

それでは私はいま、どうしているか?なのですが、
1、台湾では日本人のお友達は皆無に等しいので、まず付き合う人たちはほぼ台湾人です。台湾人との会食は遅い時間まで続きません。2次会とかないです。ですから9時頃に終わるので、その時間帯なら大勢の方がMRTを利用しているので安全です。 
2、台湾では大勢でお食事することが多いです。よって、私一人で帰るとなると、誰かしら台湾人男性が送ってくれます。友達関係であっても台湾人男性は女性に優しいので、これはわりと普通のことのように思います。仮に夜遅くに女性一人で帰すようなことがあったら、女性陣一同に「ぶ~ぶ~」文句を言われると思います。(ので、男性陣は仕方なく私を送っている可能性もありますが)

そんなわけで、夜間に1人でタクシーに乗ることはなくなりました。台湾人女性は、いつでもどこでも彼氏やご主人が送り迎えしてくれるので、そもそもタクシーを使うという考えがないのだ、と思いました。彼女の職場にも遊びに行く場所にもネイルサロンにもお稽古事にも。。専属運転手か?というくらい送り迎えしてくれるんですね。(さすがアジアのイタリア人(ルックス除く))  大人だから一人でも帰れるのに・・・、と私は思うんですけど。

あ、 >彼氏やご主人
と書きましたが、結婚をするとそうでもなくなる、という意見も聞きます。(世界共通か( ´_ゝ`))


☆旅先の画像はインスタグラムにて

☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行


実は二回お目にかかったことがあるレディ・ガガさま。そのガガさまが三泊ご滞在されたというW台北の「Extream WOW suite room」。さすがガガさま。というより、さすがWホテルのスイートだなという感じ。遊び心満載。ちょっと飛んじゃっていました。Wホテルのターゲット層 ... 続きを読む
実は二回お目にかかったことがあるレディ・ガガさま。そのガガさまが三泊ご滞在されたというW台北の「Extream WOW suite room」。

IMGP90681
さすがガガさま。というより、さすがWホテルのスイートだなという感じ。遊び心満載。ちょっと飛んじゃっていました。



IMGP9089
Wホテルのターゲット層は、ヤングエグゼクティブだと思うので、こういう飛んじゃっている感のスイートが好まれそうです。



IMGP9060
可愛いモデルちゃんたちと合流させていただきました。顔が手のひらサイズで収まるほど小さい。緊張してあまりお話しできなかったです。。。

スイートルームに関しては、また本ブログの方でゆっくりレポートしたいと思います。

インスタグラム 

☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

日頃から、「台湾のおすすめのお土産は?」と質問を受けることが多いです。お土産として相応しいかどうか、わかりかねますが、このブログでは私がよく買っている台湾ならではの商品をご紹介したいと思います。台北MRT中山駅の新光三越南西店1館 B2F(中山駅には三越が何店 ... 続きを読む
日頃から、「台湾のおすすめのお土産は?」と質問を受けることが多いです。お土産として相応しいかどうか、わかりかねますが、このブログでは私がよく買っている台湾ならではの商品をご紹介したいと思います。

IMG_0907
台北MRT中山駅の新光三越南西店1館 B2F(中山駅には三越が何店舗かありますが、一番大きな三越で、地下二階に鼎泰豊が入っている店舗です)にある「好好集」。  台湾各地のクオリティ高い商品を集めたセレクトショップです。



IMGP9337
こちらのお店に入っている肉厚ドライマンゴー。台湾のマンゴーの名産台南の玉井之門のものです。この玉井之門はドライフルーツ専門店。



IMGP9339 (2)
ここには、無糖があるんです。つまり、お砂糖が入っていないマンゴーそのもののドライフルーツ。台湾で売っているドライフルーツは、お砂糖入りのものが多いのですが、やっぱり無糖の方が嬉しい。 無糖と言えど、マンゴーそのものの甘みが強いので、十分甘いです。300元(約1000円)くらいです。量もかなりたっぷり。

加糖(お砂糖入り)も隣に置いてあるので、間違えないようにご注意ください^^   無糖ヨーグルトにこちらを加えて冷蔵庫に入れておくと、もっちりババロアみたいになってとても美味しいです。





☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行


あれは台湾人と電話をしていた時のこと 。台湾に住み始めて一年経過した頃の出来事です。 電話で中国語を話すのは、本当に難しいです。なんといっても私のなんちゃって中国語は発音がよろしくないので、電話となると相当気合いを入れなければ通じません。  電話の ... 続きを読む
あれは台湾人と電話をしていた時のこと
。台湾に住み始めて一年経過した頃の出来事です。
電話で中国語を話すのは、本当に難しいです。なんといっても私のなんちゃって中国語は発音がよろしくないので、電話となると相当気合いを入れなければ通じません。 

電話の相手は、台湾人男性。電話はもともと好きではない上に彼と雑談する意味もないので、用事が終わったらすぐに切りたかった私。が、相手は話す気満々で、会話が途切れません。
しかしさすがに「電話を切りたい」と言いづらく、「どうしよう!」と思った私は、「我想睡覺」(眠い~の意味です)と言いました。眠いと言えば、きっと「そっか、それじゃあもう寝たら?」と言って切ってくれるだろうと思ったのです。
しかし、「我想睡覺」と言ったら、「じゃあ会おうか。迎えに行くよ。ちょっと待っててね」と言われてしまいました。

(O_O) 私は何をやらかした?

その理由は、「我想睡覺」の睡覺は、「シュイジャオshuìjiào」と読むのですが、私の発音が悪く、日本語で読むと同じ「シュイジャオ」である、「水餃shuǐjiǎo」と聞こえたようです。

よって、私は、「我想睡覺」(眠~い)といったつもりが、「我想水餃」(水餃子が食べたい)と言ったらしいんですね。実際は、「我想水餃」のままですと、「私は水餃子を思う」という変な文章になってしまうので、正しくは「我想吃水餃」と、「吃」が入りはじめて、「私は水餃子が食べたい」となるのですが、私の中国語がまだ初心者なので、彼の中では、「きっと’’水餃子が食べたい’’と言いたいのだろう」と思ったみたいです。  

37fff604
確かに夜中に食べたくなりますけどね。でもどちらかといえば、私は水餃子ではなく、餃子派だ(●´ω`●)


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行