あれは、2年くらい前、お友達何人かでお食事をしていたときのこと。  あれこれ話しているときに、「好きな男性のタイプ」の話題になりました。あまり「ガールズトーク」的な話が得意ではないのですが、「あなたはどう?」と振られてしまって、私が回答する番に。

以前も書きましたが、苦手な男性のタイプ(→ご縁のない男性)はあるのですが、「好きな男性のタイプ」って全くなかったんです。 でも’’何か言わなくちゃ~’’と考えていた時、後ろから「にゃ~」という声が聞こえてきました。

私:「あ、ネコ」
友人:「え?何?」
私:「ネコ、ネコがいる!」
友人:「ネコ?」
私:「そうそう、私、ネコがとても好きなの」

友人一同:「へっ?????(゚∇゚ ;)」

みんなの顔が、一瞬凍りつきました。 そして、ちょっと苦笑いをされたので、私は「せっかく、ガールズトークで盛り上がっているときに、話を脱線してしまったからだ。どうしよう」と思っていました。

ところが。。。。。これまた、私の中国語の発音違いでして^^;   全く意味不明なことを言ってしまっていたのです。

中国語で、ネコのことをmao1(マオ)と言うのですが、このマオの発音は第一声で発音しなければならないのですが、私は、同じ「マオ」と呼ぶ、’’毛’’の中国語の第三声のmao3で言ってしまったよう。よって、さっきの会話は、

友人:「あなたの好きなタイプは?」   と聞かれた後、ネコの声がしたので、その質問はおいておいて、ネコがいるということをみんなに伝えたかったのですが、

私:「あ、毛」
友人:「え?何?」
私:「毛!毛がある!」
友人:「毛?」
私:「そうそう、私、毛がとても好きなの」

こんな会話になっていたようです。。。  
「好きな男性のタイプ」→「毛深い人」 って一瞬思われたみたい。 それは確かに反応に困りますよね。

P1101288
ネコと言えば!ネコカフェの発祥は台湾なのですが、その元祖のお店、「小猫花園」のネコ。 たくさんの種類のネコちゃんがいて可愛いのですが、人に馴れすぎていて、ネコっぽく、普通に動かず撮影させてくれるのです。まるでモデル。      



P1101295
P1101297
P1101299
1998年創業、世界最初のネコカフェということで、海外からのお客様も多いみたいです。