先日、フランス大使公邸で、台湾人と出合いました。(レセプションの様子は本ブログをどうぞ)

会場には150名くらいのゲストがいらっしゃったのに、なぜ台湾人に出合ったかというと。。

フランス観光開発機構主催のレセプションではないので、特に知り合いもいないし、一人でぼ~とウエルカムシャンパンを飲んでいたのです。そうしたら、すぐ隣にいる方が「 ~~~~~~Taiwan.~~~~~~~Taiwan.」と台湾を連呼されていました。 

「え?台湾??」   なになに。今朝まで台湾にいましたけど! というわけで、お隣の方をパッと見てみると、そこにいる二名のうち、一名はどう考えても台湾人というルックス!(もう一人の方は日本人でした)   女性の場合は、分かりづらい場合もあるのですが、男性の場合は、台湾人か日本人かの見分けは簡単です。ファッションや髪型が全然違うので。

というわけで、目があいまして、会話をするようになったまでです。そこでちょっと話をしていたら、可愛らしい女性が登場して、お二人が、台湾コレ(コレというシャンパンのレセプションでした)の方ということを知りました。面白かったのが、どう考えてもボスはこちらだろう!という貫禄たっぷりの男性側の方が部下で、お若くてチャーミングな女性が社長でした。

すっかりその場で仲良くなった私たちは、レセプション後飲みに行くことに。その場で出合った人と飲みに行くことなんて滅多にないのですが、台湾が導いてくれたご縁だと思い、すっかり安心して楽しみました。

IMG_2007
三人のうちでは、私が一番東京を知っている(そりゃそうだ)はずなのですが、突然どこかと言われても何も思い浮かびません。とりあえず西麻布の交差点にいたのでグラハイにいこうと向かっていると、オイスターバーが。その牡蠣を観た瞬間「これが食べたい!」と目をときめかせていたので、結局そこで飲みなおすことに。



IMG_2006
私は牡蠣を食べられないのですが(過去4回あたっているため)「カンペイ・カンペイ」ということで。



IMG_2008
台湾にはオイスターバーは本当にわずかなので、めちゃめちゃ喜んでいました!全然お腹空ていないと言っていたのに、一人13個ずつ召し上がられましたとさ。

その後は、リッツカールトンのバーに行きました。二人とも超楽しい!と言ってくれて(というか、オイスターバーは全く私セレクトではないのですが)「Cielがいるときじゃないと、もう東京には遊びに行かない」とまで。。。
嬉しくて泣きそうでした~。

お二人は一足先に台湾に戻られたのですが、また台湾で再会できる日が楽しみです!