台湾のこと、全然書けていないので、お写真引っ張り出してきました。 

台湾の冬の果物と言えば、棗子(ザオズ)。日本語では「ナツメ」になるみたいです。

IMGP4841
一見、小さな青リンゴのようなのですが、少しだけ先がとがっているかな。でも漢字が読めない外国人でしたら、青リンゴだと思って買ってしまう人もいそうです。サイズは、卵を二回り大きくしたくらい。



IMGP4849
真ん中に大きな種があるので、リンゴのように8等分に切って食べるというよりは、丸かじりする方が食べやすです。ナツメは身体を温かくする効果があるのでまさに冬に食べる果物にぴったり。食感は、シャキっ?シャクっとしていて、でもねっちょりもしているかな。とにかく水分がたっぷりでみずみずしいです。リンゴというよりは梨にちかい気がします。ほんのり甘みがあるけれど、主張があまりないあっさりした果物です。

この棗子がいただけるのは、11月末~3月くらいまで。今はスーパーにも袋詰めで売っていたりすると思います。たくさん入ってお値段もお安いです。  私が買ったのはまだ出始めの時だったのですが、6個で60元くらいだったかな。(これは高い方かと)   おそらく今が一番多く出回っていると思うので、スーパーで見かけたらお試しになってみてください!