2016年09月

日頃から、「台湾のおすすめのお土産は?」と質問を受けることが多いです。お土産として相応しいかどうか、わかりかねますが、このブログでは私がよく買っている台湾ならではの商品をご紹介したいと思います。台北MRT中山駅の新光三越南西店1館 B2F(中山駅には三越が何店 ... 続きを読む
日頃から、「台湾のおすすめのお土産は?」と質問を受けることが多いです。お土産として相応しいかどうか、わかりかねますが、このブログでは私がよく買っている台湾ならではの商品をご紹介したいと思います。

IMG_0907
台北MRT中山駅の新光三越南西店1館 B2F(中山駅には三越が何店舗かありますが、一番大きな三越で、地下二階に鼎泰豊が入っている店舗です)にある「好好集」。  台湾各地のクオリティ高い商品を集めたセレクトショップです。



IMGP9337
こちらのお店に入っている肉厚ドライマンゴー。台湾のマンゴーの名産台南の玉井之門のものです。この玉井之門はドライフルーツ専門店。



IMGP9339 (2)
ここには、無糖があるんです。つまり、お砂糖が入っていないマンゴーそのもののドライフルーツ。台湾で売っているドライフルーツは、お砂糖入りのものが多いのですが、やっぱり無糖の方が嬉しい。 無糖と言えど、マンゴーそのものの甘みが強いので、十分甘いです。300元(約1000円)くらいです。量もかなりたっぷり。

加糖(お砂糖入り)も隣に置いてあるので、間違えないようにご注意ください^^   無糖ヨーグルトにこちらを加えて冷蔵庫に入れておくと、もっちりババロアみたいになってとても美味しいです。





☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行


あれは台湾人と電話をしていた時のこと 。台湾に住み始めて一年経過した頃の出来事です。 電話で中国語を話すのは、本当に難しいです。なんといっても私のなんちゃって中国語は発音がよろしくないので、電話となると相当気合いを入れなければ通じません。  電話の ... 続きを読む
あれは台湾人と電話をしていた時のこと
。台湾に住み始めて一年経過した頃の出来事です。
電話で中国語を話すのは、本当に難しいです。なんといっても私のなんちゃって中国語は発音がよろしくないので、電話となると相当気合いを入れなければ通じません。 

電話の相手は、台湾人男性。電話はもともと好きではない上に彼と雑談する意味もないので、用事が終わったらすぐに切りたかった私。が、相手は話す気満々で、会話が途切れません。
しかしさすがに「電話を切りたい」と言いづらく、「どうしよう!」と思った私は、「我想睡覺」(眠い~の意味です)と言いました。眠いと言えば、きっと「そっか、それじゃあもう寝たら?」と言って切ってくれるだろうと思ったのです。
しかし、「我想睡覺」と言ったら、「じゃあ会おうか。迎えに行くよ。ちょっと待っててね」と言われてしまいました。

(O_O) 私は何をやらかした?

その理由は、「我想睡覺」の睡覺は、「シュイジャオshuìjiào」と読むのですが、私の発音が悪く、日本語で読むと同じ「シュイジャオ」である、「水餃shuǐjiǎo」と聞こえたようです。

よって、私は、「我想睡覺」(眠~い)といったつもりが、「我想水餃」(水餃子が食べたい)と言ったらしいんですね。実際は、「我想水餃」のままですと、「私は水餃子を思う」という変な文章になってしまうので、正しくは「我想吃水餃」と、「吃」が入りはじめて、「私は水餃子が食べたい」となるのですが、私の中国語がまだ初心者なので、彼の中では、「きっと’’水餃子が食べたい’’と言いたいのだろう」と思ったみたいです。  

37fff604
確かに夜中に食べたくなりますけどね。でもどちらかといえば、私は水餃子ではなく、餃子派だ(●´ω`●)


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

今回は、Wホテルのプレスツアーに参加させていただいています。団体行動が大の苦手なので、プレスツアーに参加させていただいたのはまだ数回ですが、有り難くも今回は観光する必要もないということで、ホテルだけを取材させていただいています。 こういったプレスツアーで ... 続きを読む
今回は、Wホテルのプレスツアーに参加させていただいています。団体行動が大の苦手なので、プレスツアーに参加させていただいたのはまだ数回ですが、有り難くも今回は観光する必要もないということで、ホテルだけを取材させていただいています。 こういったプレスツアーでは、今までは、雑誌の編集者さんとご一緒させていただいてばかりでしたが、今回はインスタグラマーの方々とご一緒です。ほ、ほう・・・。インスタグラマー!!!時代の流れを感じます。 そしてこのインスタグラマーのモデルちゃんたちがまた可愛くて可愛くて。なんであんなに顔が小さいの・・・?目が大きいの?脚が長いの? 同じ人間とは思えません。

さて、何といっても、W台北はプールが素敵♥ 個人的には、このプールは、台北の中では一番好きです。

プールを囲むように、4方面にお席があります。夜は雰囲気がかなり良いので、いつも多くの人で賑わっています。 パーティーしている方も多いですね。’’男性一名、女性多数(それも美女)’’のお席とかもあります。しかも若い男性という。お金持ちの台湾人お坊ちゃま君の特徴でしょうか。



著書でもご紹介させていただきましたが、ここは朝食もお勧めです。私が一番気に入っていた、温野菜ビュッフェは今回ありませんでしたが、



和洋中韓、何でもそろう朝食です。  台湾って、朝ご飯に韓国料理もあるんですよね。    パンに付けるトリュフバターが美味しかったです!

ビュッフェについては、以前のブログに詳しく書いています。



☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行


今日は、Wホテルの31階、広東料理レストラン「紫艷酒吧YEN Bar」でランチをしました。シイタケ??まあ、シイタケ大好物なんですけど。二つに割ってみたら、カスタードがとろ~ん。シイタケは、なんと点心でした。 奶黄包というのかな?中に卵の黄身が入っていて、カスター ... 続きを読む
IMGP9126
今日は、Wホテルの31階、広東料理レストラン「紫艷酒吧YEN Bar」でランチをしました。



IMGP9183
シイタケ??



IMGP9186
まあ、シイタケ大好物なんですけど。



IMGP9193
二つに割ってみたら、カスタードがとろ~ん。シイタケは、なんと点心でした。 奶黄包というのかな?中に卵の黄身が入っていて、カスタードより少し塩気があります。

そういえば、私の中で点心と言えば、シューマイや小籠包を思い浮かべるのですが、台湾人にとっての点心は、こういった甘いデザート系を指すので、最初のころは、
台湾人:「点心食べにいこう」
私:「わ~い(・∀・) 」
→結果
スイーツ攻め、ということを何度経験したことか。よく騙されました。 





☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

はじめまして。ではない方のほうが多いかもしれませんが、改めまして^^ ブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」を運営しているCielと申します。今日から台湾での日常を綴ったブログ「にーはお!たいわん Ciel的台灣生活誌」 を始めようと思います。このブログを開設し ... 続きを読む
はじめまして。ではない方のほうが多いかもしれませんが、改めまして^^ ブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」を運営しているCielと申します。今日から台湾での日常を綴ったブログ「にーはお!たいわん Ciel的台灣生活誌」 を始めようと思います。

このブログを開設しようと思ったきっかけは、台湾について書きたいことが山ほどあるからです。でも本ブログの方では、旅行記も書きたいし、そうなると台湾の話題は後回しになってしまって、ずっと書く機会を逃したままに。。せっかく大好きな台湾で暮らしているのだから、もっと台湾のことをいろいろお話したいし、美味しい食べ物も素敵な場所もご紹介したいし、おかしな素晴らしい台湾人のことを伝えたい。。。そして何より自分の備忘録として、、大好きな台湾での出来事を忘れたくないので、毎日少しでもその日の出来事を綴っていけたらいいなと思っています!

ブログを開設するにあたって、ヘッダーのイラストを描いてくださったともちゃん。  本ブログのヘッダーイラストとはまた違ったタッチで私をイメージして描いてくださったのですが、実物とは全く違いますが、とても可愛く書いてくださって、とてもとてもとても気に入っています!私はともちゃんが描くやわらかいイラストの大ファンなのですが、今回もこのように協力してくださって感謝しています。ともちゃん、ありがとう!!
そして、公式以外にもう一つブログを開設することを承認してくださったライブドアさん。サイトのデザインを
つくりあげてくださったFさん。本当にありがとうございます。
ciel-taiwan-life-640x300
旅行の時とは違って、普段の生活はとても地味なのですが、そういった何気ない台湾での日々も私にとっては癒しのひと時です。本ブログ同様、こちらでもマイペースに楽しくブログを続けていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします^-^

陽明山の竹子湖にあるレストラン「吉園葡花園野菜餐廳」に行ってきました。街灯もないようなただただ真っ暗な道を進んでいくと、最後にパッと灯りが見えます。夜の田舎道なので、ちょっと冒険しているみたいでした。 鶏料理と野菜料理がメインのお店。 ... 続きを読む
陽明山の竹子湖にあるレストラン「吉園葡花園野菜餐廳」に行ってきました。街灯もないようなただただ真っ暗な道を進んでいくと、最後にパッと灯りが見えます。夜の田舎道なので、ちょっと冒険しているみたいでした。

鶏料理と野菜料理がメインのお店。お野菜の炒め物、どれもあっさりしていて美味しかったです。



そしてこれこれ、鶏スープ。 台湾には美味しい鶏スープのお店がたくさんありますが、こちらのものは、



ニンニク!!鶏スープと言っても鶏は食べるわけではないんですね。すごく美味しいスープでした。 お腹が
一杯でとてもスープを飲みきれる状態ではなく。。。。 そうしたら、スープを満タンに足してくださってそれをさらにお持ち帰り用の袋に詰めてくださりました。 台湾は、残したお料理をお持ち帰りする習慣があるので、スープも鍋料理も何でも持ち帰るんですよ。


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

5万100万ドルの夜景を見に、夜の猫空(マオコン)へ。猫って「マオmāo」と読むんですけど、「毛」のことも「マオmáo」というので、まあ、最初は「私は毛が好き」ってよく言ってましたよね。。。毛が好きって、どんな告白だ。伺った茶藝館「春茶郷」 は、台湾料理のお食事も ... 続きを読む
5万100万ドルの夜景を見に、夜の猫空(マオコン)へ。猫って「マオmāo」と読むんですけど、「毛」のことも「マオmáo」というので、まあ、最初は「私は毛が好き」ってよく言ってましたよね。。。毛が好きって、どんな告白だ。

IMG_0574
伺った茶藝館「春茶郷」 は、台湾料理のお食事もいただけます。お店は窓がないオープンになった気持ちの良い空間です。「風が心地いいわ~。」となびく髪を抑えながらちょっと気取ろうと思っていたら、、「蚊がいるから虫よけスプレーしてあげるね」とスプレーまみれに(@_@) ええ、ロマンティックのかけらもない、、そんな日常です。



IMG_0575
チキン美味しかった~。



IMG_0576
ビンロウの花。あの噛みたばこですよ。恐怖のビートルナッツです。え・・・あれが食べられるの?ということなのですが、実と違って花は美味しいですし、無害です。 食感がシャキッとしていて、独特なのですが、日本ではなかなかいただけないので、是非召し上がっていただきたい一品。(いろいろな場で食べられます)



IMG_0577
これは川七。日本語では何というのかわかりません。ヌルッとするお野菜で、モロヘイヤみたいな・・?これも大好き。



IMG_0578
タケノコのサラダもよく食べます。台湾ならでは、ですね。絶対に絶対に「マヨネーズはかけないで」と言いましょう。激甘マヨネーズ・・・台湾、美味しいモノたくさんありますが、台湾のマヨネーズだけはいまだに理解できない。



IMG_0579
食後はティータイム。お店にはお茶セットだけ用意していただいて、お茶は持参。周囲もみ~んなそうしていました。自分のこだわりのお茶を持ってくるのだとか。

ちなみにお茶を入れるのは男性のお仕事。お取り分けも男性のお仕事。お酒を注ぐのも男性のお仕事。車の運転も男性のお仕事。荷物持ちも男性のお仕事。ハンカチ・ティッシュを持つのも男性のお仕事。お会計も男性のお仕事。

さすがアジアのイタリア人。(ルックス除く)


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

「台湾の結婚式って面白いんでしょう?」よくぞ聞いてくださいました。いつもブログに書きたいなと思ってタイミングを逃していました。   そうです。台湾の結婚式は面白い。といいますか、初めて出席した時は、面白いというよりもやや呆れるユニークで驚きました。・開始 ... 続きを読む
「台湾の結婚式って面白いんでしょう?」

よくぞ聞いてくださいました。いつもブログに書きたいなと思ってタイミングを逃していました。   そうです。台湾の結婚式は面白い。といいますか、初めて出席した時は、面白いというよりもやや呆れるユニークで驚きました。

・開始時間1時間Delayは当たり前だのクラッカー
・ジーパン、Tシャツ等ラフな格好。ビーチサンダルでいらっしゃる方まで
・席順が決まっていないので適当に座る
・遅刻してきたかと思えば、途中で帰る
・新婦新郎の知らない人がくる
・飛び込みのゲスト用の予備席がある
・受付でご祝儀を渡した瞬間、目の前で金額を確かめられ、書かれる

などなど、あげたらキリがありませんが、基本的に結婚式と思わずに、みんなで一緒にご飯を食べましょう、と構えていくのが正解かも。

今日は結婚式ネタを書く前に、赤い爆弾と言われる招待状について触れたいと思います。

まず、台湾の結婚式は、出欠確認がありません。こちらの予定等聞くことなく、「この日に開催します。来てね」といった招待状が送られてきます。 ←しかも勝手に。 そして、これを受け取ったら、よほどのことがない限り、出席することになるのですが、もし欠席する場合でも、ご祝儀は必ず渡さなければなりません。

つまり、招待状=ご祝儀となっていて、その招待状の受け取り拒否はできません。ですから、遠い親戚、昔の同級生、会社の同僚など、そんなに親しくない人からも送られてくることもあるようです。

最初それを聞いたとき、「ふふふ。まさかそんなことあるわけないでしょ(´∀`)」と大笑いしていたんですけど、笑えない事実でして(´・ω・`)

⬇こちらがその招待状です。
4e05dcc3
台湾人は、この結婚式の招待状を「紅爆(赤い爆弾)」と呼んでいますが、本当にピッタリの名前ですよね。拒否権無しですもの。

私はどこの国に居ようとどんなに忙しくても基本的には出席するようにしているので、(この理由もまた・・・深いんですが。別の機会に書きます)今のところ全出席していますが、もしも欠席の場合は、出席する友人にご祝儀を渡してもらうようお願いするそうです。

それで、気になる相場なのですが、これが聞く人によって誤差があり、本当のところはよく分かりません。ただ、3と4と9は避ける、日本とは逆で偶数にする。(4と9は理解できるけれど、なぜ3かというのは、散を連想させるためだそう)あとは、ご祝儀でよく利用される数字がある程度決まっていて、1200元、1600元、2000元、2600元、3600元、6000元、8000元(今のレートですと、× 3.7にしたら日本円になります)辺りの中から、新郎新婦との関係性や会場のレベルによって選択しています。もちろん、それ以外の数字の組み合わせもありますが、ご参考までに。でもなぜ、3の利用がNGなのに、3000元台はいいの?とか、なんだか色々謎なことがいっぱいあるんです。

一番ベーシックな台湾結婚式の場合。ホテル等ではない気取らない一般的なレストランにご招待いただいた場合は、
仕事関係の付き合い 1600元
まあまあ仲良い友人  2000元~2600元
かなり仲良い友人  3600元
3600元でも「おお~」となるようです。

ただ、これらは目安でしかなりませんし、ホテルでの結婚式やセレブな方の結婚式など、状況によってかわってきますので結局のところ、いつも一緒に行く友人たちに聞いて決めています。

あとは、大切なことが一つあり、ご祝儀をいただいた側は、次にその方の結婚式に出席する時にいただいた金額よりも多く包まないといけないという風習があること。「ということで、最後の最後に結婚した人はお得ですよ!!」
( ̄ー ̄)ニヤリッと台湾人。という本人たちは、結婚願望まるで無しのようなのですが。

このご祝儀の金額は、毎回悩みます。「この金額によって、相手との今後の関係性をどのようにみているか、分かる。」と言われていて、そんなこと聞いてしまった時には、それはそれはお祝いの席ですから太っ腹にいきたいですし、相手にも喜んで頂きたいし!ここはパァ~とネ、と思うんです。 が、一方で、⬆にも書きましたが、自分が結婚式を控えている場合、「相手側はお返しが多くなってしまうため、相手の負担も考えて包みすぎもよくないのよ。」

(゚ロ゚;)エェッ!? じゃあ、どっちやねん。日本みたいに、友人なら一律この金額、ということが決まっていると良いですよね。

a6ac3360
こちらが紅包(ホンバオ)。結婚式に限らず、お祝い事ではこういった赤い封筒を利用します。

お祝い事ですから、参加させていただくことはとても嬉しいですが、開始時間1時間を過ぎても始まらない、というのは、いまだに慣れません^^;

☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

台北駅直結の京站デパート(Qsquare)の2階にあるカフェ  「艾莉兒咖啡(Ariel Le Cafe)」でお茶。西門にある老舗の珈琲屋さんが開いたカフェです。   台北駅直結で空いているカフェが少ないのですが、ここは平日はいつも座れるので、重宝しています。吹き抜けになって ... 続きを読む
台北駅直結の京站デパート(Qsquare)の2階にあるカフェ  「艾莉兒咖啡(Ariel Le Cafe)」でお茶。西門にある老舗の珈琲屋さんが開いたカフェです。   台北駅直結で空いているカフェが少ないのですが、ここは平日はいつも座れるので、重宝しています。吹き抜けになっていて、一階を見下ろすことができて、開放感があります。

このお店は、もともとワッフルが人気で、いつも8割くらいのお客さんが食べていて、でもあまりワッフル&パンケーキ系に興味がない(特に台湾の)ので頼んだのは初めてでした。

FullSizeRender
外がサックサクで想像より美味しかった。(こんな感想でごめんよ)



IMG_0581
ここではスコーンも(こちら)ケーキもいただいたことありますが、ワッフルが一番おすすめかも。コーヒーのお値段よりお安くてこの量なのはさすが台湾:)  


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

時々訪れるバー「異塵 CELLAR」。台北アリーナの目の前にあります。日本人もよく訪れる(旅行者ではなくおそらく現地在住の人)らしいけれど、一度も見かけたことがないのは、多分私が早い時間帯に訪れるから? ウイスキーとワインがメインで、ボトルキープされている方も多 ... 続きを読む
時々訪れるバー「異塵 CELLAR」。台北アリーナの目の前にあります。日本人もよく訪れる(旅行者ではなくおそらく現地在住の人)らしいけれど、一度も見かけたことがないのは、多分私が早い時間帯に訪れるから? ウイスキーとワインがメインで、ボトルキープされている方も多いです。 

IMG_0593
店内の雰囲気はイイです。というかかなり暗いので好みです。 この雰囲気ではありえないリーズナブルな価格帯。 お食事も充実しています。お茶漬けとか和を感じるものもチラホラ。



IMG_0592
ワインはボトルがメインでグラスでの提供は1,2種類。 難点は、おひとりさまの女性はまずいない。。台湾では女性がお酒を飲むことはそんなによろしくないというイメージがある+まあ一人ではいかないよね、、ということで、ホテル以外ではラウンジバーには入りづらいかも。

マンダリンオリエンタルのすぐ近くなので、マンダリンができてからは、マンダリンで飲み足りないときに立ち寄っています。と書くとなんだかノンベエみたいですが、夜とお酒と男には弱いです。


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行



香港スタイルのワゴン式飲茶で有名な兄弟大飯店「梅花廳」へ。一応、ホテル内のレストランではありますが、台湾人に人気の飲茶のお店ということで、かなりローカル感溢れています。 私が最も苦手とする蛍光灯バリバリの明るいお店ですが、お味は美味しいと思います。日本人 ... 続きを読む
香港スタイルのワゴン式飲茶で有名な兄弟大飯店「梅花廳」へ。一応、ホテル内のレストランではありますが、台湾人に人気の飲茶のお店ということで、かなりローカル感溢れています。 私が最も苦手とする蛍光灯バリバリの明るいお店ですが、お味は美味しいと思います。日本人の口にも合うと思いますし、ワゴンで廻ってきますので、指差しでOKというのも嬉しいです。別途単品メニューも充実していますし、全て写真入りなので想像を絶するお料理がくることもないので初心者にもおすすめです。

IMG_0564
水蓮菜の炒め物。水蓮菜は高雄の特産らしいです。シャキシャキしていてとっても美味しいです。



IMG_0565
大好きなガイラン~。



IMG_0566
台湾では鴨ばかり食べている。

で。’’飲茶が名物’’、と書いておいて飲茶の画像無しです。たくさん食べました~。

以前、シンガポール人の友人と来たときに、内臓系ばかり食べた(彼女が台湾に来るたびに内臓系ばかり食べるんです。確かに台湾充実していますね)のですが、それが美味しかった記憶があります。メニューにお写真掲載されているので、頼みやすいです。

いずれにしても、種類も豊富で外れなく美味しいと思います。


☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行

淡水を訪れると二回に一度は立ち寄るAncre Cafe。(過去ブログはこちら)美人姉妹が経営しているカフェという噂を聞いて駆け付けたのがきっかけ。(どんなだ)ここから眺める淡水の景色が大好きです。カッコつけて外のテラスで夕日を見ようと思ったのに、やっぱりまだ暑いの ... 続きを読む
IMG_0610
淡水を訪れると二回に一度は立ち寄るAncre Cafe。(過去ブログはこちら)美人姉妹が経営しているカフェという噂を聞いて駆け付けたのがきっかけ。(どんなだ)ここから眺める淡水の景色が大好きです。



IMG_0609
カッコつけて外のテラスで夕日を見ようと思ったのに、やっぱりまだ暑いのね^^; 室内に移動。室内からももちろんサンセットも見られるし、店内のお席の間隔も広く、まったり空気が流れていて居心地よいです。

あ、ここのポテトもカリッとしていて美味しいですよ~♡台湾らしく、ソースがブルーベリーヨーグルトなのですが、これはなくてもいいかな。



☆台湾に関する過去ブログ一覧☆
→ 台湾のレストラン
→ 台湾のホテル
→ 台湾人のあれこれ
→ 台湾での日常
→ 台湾台南旅行
→ 台湾ポンフー島旅行


ブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」を主宰する台北在住ブロガー。 詳細は こちら をご覧くださいませ。 連載: ・ダイナースクラブ SIGNATURE デジタル版 Travel My World・台灣Luxury旅行雑誌 ASUKA TEAVEL  Ciel Style日本之旅・世界之旅・講談社 奇跡の絶 ... 続きを読む
ブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」を主宰する台北在住ブロガー。 詳細は こちら をご覧くださいませ。

スクリーンショット (41)

連載: 
・ダイナースクラブ SIGNATURE デジタル版 Travel My World
・台灣Luxury旅行雑誌 ASUKA TEAVEL  Ciel Style日本之旅・世界之旅
・講談社 奇跡の絶景 WEB版 ミラプラ 奇跡の絶景@Ciel

旅のアドバイザー
・TBS-BS 月曜午後8時~  世界一周!魅惑の鉄道紀行 

著書 (日本)
月に一度の世界スパ&ホテル巡り KADOKAWA

会員制オンラインサロン
・Cielのインサイドストーリーサロン ~ブログではかけないとっておきの話~

ライブドアさんでのインタビュー